ベンダー
English

証券担保ローンを巡るトピック、テクノロジーとトレンド

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2006/11/20

Abstract


透明性の向上に的を絞ったテクノロジーは証券担保ローン市場の発展に寄与するでしょう。

セレントの最新レポート「証券担保ローンを巡るトピック、テクノロジーとトレンド」は、証券担保ローン市場におけるテクノロジーの現状を評価しています。証券担保ローンは、従来は大手銀行や大手証券会社のバックオフィス業務の一つでしたが、今では多くの証券会社や保護管理業務部門において重要な位置を占める主要なフロントオフィス業務となっています。証券担保ローン市場は、今後米国で年率5%、欧州では同10%の成長が予測されます。証券担保ローンは、証券賃借取引に基づいて貸し付けられている株式に基づいています。

証券担保ローン市場はここ5年間に渡り成長してきましたが、その一因としてテクノロジー革新が挙げられます。証券担保ローン業務の自動化が急速な勢いで広がった結果、市場効率が高まり、取引高も増加しました。この背景には、証券貸借業務をほぼ全面的にサポートする多様なアプリケーションを求める主要金融機関の需要の高まりがあります。この分野のソリューションは、①取引・権利入札、②帳簿記録、③オペレーション、④パフォーマンス評価に分類されています。

「テクノロジーの進化は証券担保ローン業界の成長を後押しするほか、最近では業界に影響を及ぼす規制を支える役割も果たしてきました。今後も、テクノロジーが同業界にプラス影響を与え続けることは間違いありません」と、セレントのアナリストで本レポートの執筆者であるステファニー・ギルマーティンは述べています。

本レポートでは、証券担保ローンの定義を示した上で、現在入手可能なテクノロジーソリューションを取り上げ、それらの市場における役割の概要を述べています。また、ケーススタディとして、証券担保ローンプラットフォームのEquiLendと証券業界向けテクノロジーサービス企業のHeadstrongの関係が証券担保ローン業界のテクノロジー動向にどのような影響を及ぼしたかを分析しています。

本レポートは4図と1表を含む全29ページで構成されています。