ベンダー
English

2015年 セレント・モデルインシュアラー:保険会社のテクノロジー有効利用に関するケーススタディ

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2015/03/24

Abstract

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 保険会社のあらゆる業務プロセスを最新のテクノロジーで最適化したら、どうなるか?

2

保険ITプロジェクトのベストプラクティスとその成果は?
3 受賞プロジェクトから何を学べるか?

今年で8回目となる「セレントのモデルインシュアラーアワード」として、次の各カテゴリーについて、テクノロジーを有効に活用しているプロジェクトを選出しました。本レポートではその15のプロジェクトのケーススタディを紹介し、その中から2015年の「モデルインシュアラー・オブ・ザ・イヤー」を選出しました。

  • データマスタリー&アナリティクス
  • デジタルおよびオムニチャネル
    • モバイルテクノロジー(サブカテゴリー)
  • イノベーションとエマージングテクノロジー
  • レガシー&エコシステムのトランスフォーメーション
  • 非基幹システムにおける優れた業務運用


今年の「モデルインシュアラー・オブ・ザ・イヤー」にはLV= が選出されました。15のケーススタディでは、保険契約管理、IT管理、保険金請求、販売といった保険の各分野におけるテクノロジーのベストプラクティスを紹介しています。さらに、モデルインシュアラーの選定基準となったITベストプラクティスや具体的な数値によるビジネス成果についても紹介しています。

「セレントは、5つのテーマに沿って保険会社のテクノロジープロジェクトを評価しました。各社とも、自社のニーズに合わせてテクノロジーへの投資、データ利用の拡大、バックオフィスの刷新などに取り組んでいます。イノベーションを推進し、従来の業務慣行から脱却して新たなアイデアを追及している点を評価しました」とセレント保険グループのアナリストでレポートを執筆したカレン・モンクスは述べています。

本レポートは76p、14の受賞テクノロジープロジェクトとモデルインシュアラーオブ・ザ・イヤーのケーススタディを紹介し、16表と12図で構成されています。