ベンダー
English

米国におけるリアルタイム決済

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2021/07/11
ガレス・ロッジ

スピードアップかスローダウンか?

Abstract

世界の多くの地域では、何年も前からリアルタイム決済が日常生活の一部となっている。50カ国以上の国でリアルタイム決済のシステムが導入されており、何か国かは40年以上前から導入しており、多くの国で年間10億件以上の取引が行われている。しかし、ある国では導入が進んでいない。GDPランキングの上位15カ国の中で、米国だけがまだ大規模なリアルタイム決済を行っていない。本レポートでは、その理由を提示し、認識されている障壁の多くは、単に障壁であると考えられているだけだということを明らかにしている。実際、リアルタイム決済は大きなチャンスを生み出している。しかし、もっと重要なことは、顧客にリアルタイム決済を提供しないことにより、彼らの顧客の要望を無視しているということである。米国は今こそリアルタイム決済を導入すべき時なのだ。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
コーポレートバンキング
Subscription(s) required to access this Insight:
銀行, コーポレートバンキング
種類
レポート
拠点
北米