生命保険のモバイルアプリケーションに関するユーザー調査

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2011/03/09
カレン・モンクス

Abstract


スマートフォンのユーザーにとって、生命保険のアプリケーションに対するニーズはさほど差し迫ったものではないかもしれませんが、保険会社にとってはモバイル戦略の推進は避けられないものとなっています。

スマートフォンの普及台数は2009年に72%増加し、2013年までにPCの普及台数を上回ると予想されています。保険会社にとって、スマートフォンは最も急速に拡大している販売チャネルといえるでしょう。モバイル向けアプリケーション(アプリ)は、目覚ましい勢いで増加しています。現在、iTunesでダウンロード可能なアプリはあらゆる分野にわたり、その数は30万を超えています。

金融機関は、スマートフォンの保有者数やアプリの増加をビジネスチャンスの拡大と捉えています。保険業界では、「顧客を獲得・維持するためにスマートフォン向けアプリはそもそも必要か」と議論されています。

セレントの最新レポート「生命保険のモバイルアプリケーションに関する消費者調査」は、スマートフォン保有者と生命保険のアプリをめぐる彼らの見解について、保険会社の疑問に答えます。2000年12月にスマートフォン保有者を対象に行われた調査結果に基いて、生命保険のモバイル向けアプリの利用やそのニーズに対する消費者の考えを分析しています。

「調査に寄せられた回答は、生命保険会社がモバイルアプリ戦略を進める上で参考になるでしょう。モバイルプラットフォームは若年層を中心に今後普及が見込まれるテクノロジーであり、保険会社もこの分野に参入する必要があります。モバイル向けウェブサイトやアプリを含め、綿密なモバイル戦略を策定することは、生命保険会社にとって不可欠となっています」と、セレント保険グループのアナリストでレポートを執筆したカレン・モンクスは述べています。

本レポートは、スマートフォンユーザーとモバイルアプリの利用状況、また将来のアプリ利用に関するユーザー側のスタンスなどの様々な疑問に答える内容となっています。また、保険会社によるモバイル戦略の展開方法についての提言も示しています。

このレポートは9図1表を含む26ページで構成されています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

分野
種類
レポート
拠点
北米