ベンダー
English

タッチレス保険金請求の価値を引き出す

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2021/08/16

Abstract

競争が激化し、急速に変化する今日の状況においては、顧客エクスペリエンスの向上が戦略的に不可欠となっている。多くの保険会社にとって、保険金請求プロセス自動化の促進は、カスタマージャーニーを強化するための効果的な方法であると同時に、コスト削減、効率性向上、成果向上といった具体的なメリットももたらしている。保険金請求の自動化は多くの場合 (特に、低接触、高頻度の状況においては)、保険契約者と保険会社の双方に明らかなメリットをもたらすことができる。

本レポートは、保険会社が保険金請求の自動化に着手し、成功する方法について理解を深める上で有用である。ここで取り上げるテーマは以下の通り:

  • タッチレスな保険金請求の紹介
  • 保険会社別および保険契約者別のメリット
  • 業務部門別の保険金請求自動化の候補
  • 保険金請求プロセスの各ステップへの自動化の適用可能性
  • 保険金請求自動化を成功させるための要素

本レポートが保険会社に提供する推奨事項は以下の通り:

  • 組織が広範な戦略的目標を達成する上で、タッチレス保険金請求がどのように役立つのか検討する。
  • 「タッチレス化」はプロセスであることを理解する。通常、保険会社は0%タッチレスでスタートするわけではなく、すぐに100%タッチレスに移行する。
  • 保険金請求プロセスの問題点を明確にし、保険金請求プロセスのどこから自動化を開始するか決定する。
  • 自社だけでやろうとしない
  • 構造化データと非構造化データの両方を活用し、保険金請求プロセスの促進と意思決定の向上を実現する方法を検討する。

保険金請求を手掛けるインシュアテックのエコシステム

本レポートでは、保険金請求プロセスの自動化を支援するインシュアテックの中でも、現在最も革新的な数社を取り上げる。人工知能 (AI) /機械学習 (ML)、テレマティクス、イメージクオリティ、データキャプチャ、ダイレクトペイメントの進歩により、保険会社はタッチレス保険金請求からより多くの価値を引き出している。さらに、テクノロジーを活用して目的を達成した大手保険会社の事例もいくつか紹介する。