ベンダー
English

西欧諸国におけるモバイルバンキング

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2008/05/07

Abstract


欧州の主要マーケットでは、モバイルバンキングの普及が加速するでしょう。モバイルテクノロジーの進化と携帯電話の普及拡大を背景に、欧州の銀行は様々な付加価値を持つモバイルバンキングサービスを提供できるようになりました。

欧州の銀行業界にとって携帯電話チャネルは目下の課題であり、各行とも競合相手との差別化、料金の引き下げ、顧客ロイヤルティの開拓などに努めています。 欧州の主要マーケットでは今後数年でモバイルバンキングの普及が加速するとみられ、スペイン、フランス、イタリアおよび英国の平均普及率は現在の6%から 2010年には25%に上昇する見通しです。
セレントの最新レポート「西欧諸国におけるモバイルバンキング」は、欧州主要マーケットにおけるモバイルバンキングの現状とその成功の可能性を分析し、主に以下の疑問に答えるかたちで議論を進めています。

  • モバイルバンキングの実体とは何か、またそれがなぜ今注目されているのか。
  • 西欧市場におけるモバイルバンキング普及に向けた主な促進要因と阻害要因は何か。
  • 欧州の銀行はどのようにしてモバイルチャネルを構築し、どのような戦略を採用しているのか。

モバイルバンキングのマスマーケットへの普及を阻む主 な要因としては、①認知度の欠如②テクノロジー上の問題③顧客のセキュリティ意識④モバイルブラウザのコスト(特に④が大きい)―が挙げられます。モバイ ルブラウザの利用が拡大すれば、現在オンラインバンキングを行っているユーザーの多くが携帯電話で銀行取引を行うようになるでしょう。

欧州の銀行はこうした阻害要因が解消されることを見越して、主にWAPおよびSMSテクノロジーを使った様々なモバイルバンキングサービスを既に開始して います。主に英国とドイツでは、ダウンロード可能な少数のアプリケーションだけが普及しています。フランスとスペインの銀行は現在幅広い種類のモバイル サービスを提供しており、イタリアもこれを追随しています。しかし、モバイルバンキング・サービスの数やタイプは国によって大きな違いがあります。欧州全 体でみると情報サービスやSMSサービスが最も広く普及しています。

「モバイルバンキングがマスマーケットで普及するか否かは、主な阻害要因を排除するだけではなく銀行によるマーケティングやプロモーションも決め手となり ます。顧客がそのメリット、利便性、使いやすさを認識できれば、オンラインサービスと同じようにモバイルバンキングの利用も広がるでしょう」 とセレント銀行プラクティスでレポート執筆者のペリン・フィオリナは述べています。

本レポートは14図と8表を含む39ページで構成されています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
コーポレートバンキング, リテールバンキング
Subscription(s) required to access this Insight:
銀行, リテールバンキング, コーポレートバンキング
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米