ベンダー
English

保険業界の視点から見た喫煙リスク

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2019/12/17
トム・スケールズ

現在世界中で10億人以上の喫煙者がいて、今世紀に10億人がたばこに関連した原因により死亡することもあり得る。喫煙の削減・規制は、国連による持続可能な開発目標、特に非伝染性疾患を減らす取り組みにおけるテーマとなっている。

世界中で生命保険会社は喫煙の影響による死亡・罹患に向き合っており、保険料金に喫煙追加料金を課することが一般的である。保険業界には、禁煙を促し、人々が禁煙できるようにするために果たすべき重要な役割ある。多くの保険会社は喫煙リスクについて関心を高め、禁煙のためのインセンティブや治療介入を利用する機会を提供している。喫煙リスクを数値化・管理する保険会社のアプローチは何十年も根本的には変わっていない。

しかし状況は変化している。

(a) 製品、規制、喫煙パターンの変化により、喫煙リスクはより複雑になっている。

(b) リスク評価および禁煙を向上させる新しいテクノロジーやソリューションが現れている。

今こそ現在の慣習を見直すべきである。なぜなら、保険契約者の健康や生活の質を改善し、無保険だった喫煙者のために門戸を開く機会が見逃されているかもしれないからである。

本レポートでは、全世界の保険会社、再保険会社、その他関係者(データ分析会社、デジタル健康保険スタートアップ等)の調査・インタビューに基づき、喫煙リスクに関する保険会社の現在の活動を評価し、課題を明らかにし、保険業界が検討すべき可能なソリューションを紹介している。我々は、保険業界のすべての人々に向けたこのレポートが、公衆衛生を改善すると同時に収益性も改善するアイディアやアクションを引き起こすことを望んでいる。

本レポートは、セレントレポート購読契約の有無に関わらず、すべての登録ユーザーが入手することができる。

無料レポートのダウンロードはこちらをクリック

ログインして詳細を読む

Insight details

分野
生命保険
Subscription(s) required to access this Insight:
保険, 生命保険
種類
レポート
拠点
北米