コンプライアンスとテクノロジー: 保険会社におけるベストプラクティス

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2006/02/16
ドナルド・ライト

Abstract


セレントは、コンプライアンス関連のテクノロジー分類のキーとなる5
つの基準を特定しました。

セレントは、最新レポートコンプライアンスとテクノロジー:保険会社におけるベストプラクティスにおいて、一段と複雑化する米国の諸州や連邦政府による規制要件に対して、保険会社がテクノロジーの活用を通じてどのように対応しているか検証しています。

レポートでは、コンプライアンス要件に対処する過程で、保険会社にとって有効なテクノロジーを5層に分けて、「コンプライアンス・テクノロジー・スタック」としてチャート化しています。スタックの最上層には、法律・規制環境のモニタリング用ソリューションが、次層には、タスクの連携やプロジェクト管理用のソリューションが位置づけられます。その下の3層に該当するのは、コンプライアンス要件に対応するための代替・補助的ソリューションで、それぞれの層は、エンタープライズ・ソリューション、基幹業務のソリューション、特定の規制要件に対応するために開発されたポイント・ソリューションから構成されています。

「業界全体に渡って幅広く適応する、コンプライアンスとテクノロジーの一連のベストプラク ティスは確かにあります。そして、各保険会社がコンプライアンスのプロセスや組織編成、テクノロジーを選択する際には、その会社のビジネス戦略や管理プラ クティスが大きな決め手となっています」と、セレントのシニアアナリストでレポートを執筆したドナルド・ライトはコメントしています。

「ここ数年、保険会社など企業の不祥事が相次いだことを受けて、コンプライアンスに対する企業の経営幹部の意識も取締役会の関心も高まっています。また、 コンプライアンス要件が大幅に増える一方、それに準拠するプロセス、組織編成、テクノロジー面の能力も向上しています」とライトは付け加えています。

本レポートは、9図と1表を含む全28ページで構成されています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米