ベンダー
English

IHS MARKIT社の暗号技術プロバイダー向けコンプライアンス・ソリューション

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2021/11/03

新たに出現した重要な業界向けにサービスをカスタマイズ

Abstract

暗号通貨と暗号ベースの資産を採用する動きが加速する中、暗号エコシステムとその参加者には、規制当局、政治当局および社会全般からますます厳しい視線が注がれている。このエコシステムを悪用して不正な利益を得ようとするマネーロンダラーや金融犯罪者の抜け道とならないよう、暗号業界の監視を求める声が高まっている。規制当局や監督機関は、現行の規則を更新し、新しい規則を提案することで対応を図っている。

このような変化により、発生期にありながら急成長している暗号エコシステムの参加者は、新しい規制要件を遵守するための政策、枠組み、プロセスおよびテクノロジーの強化 (多くは初めての導入) を求められている。リスクとコンプライアンス機能に重点を置き、キャピタルマーケッツに参加する金融機関向けにミドルオフィスおよびバックオフィスのテクノロジーとオペレーションを提供しているIHS Markitは、新たな投資と他のベンダーとのパートナーシップによって既存の機能を強化し、暗号業界のプレーヤーに特化した新たなサービスである「Regulatory Compliance & Due Diligence」を提案している。

IHS Markitの主な差別化要因は、KYC (本人確認)、税金、サードパーティリスク管理、および広範なオンボーディング機能とコンプライアンス機能にわたるフルライフサイクルサポートに加え、データ、テクノロジーおよびマネージドサービスを含む一連の幅広いサービスも提供できることである。同社のグローバルな規模、長い歴史、およびキャピタルマーケッツ事業を手掛ける企業へのサービス提供において実績ある専門知識は、暗号プレーヤーへのサービス提供においてHIS Markitを優位な立場に位置付ける可能性がある。暗号業界はまだ初期段階にある。こうした中、一部のプレーヤーによる最近の発展を受け、この業界の長期的な存続可能性について疑問が提起されている。そのため、IHS Markitの新しいサービスに関して、デジタル資産のコンプライアンスのゴールドスタンダードを定義し、国境を越えた複雑なデジタル資産を管理する上で、課題が生じる可能性がある。