2017年 北米損害保険会社のCIO調査:プレッシャーとプライオリティ―

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2017/01/06
ドナルド・ライト

Abstract

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 CIOによる2017年の計画策定に影響を及ぼすビジネス目標は何か?

2

CIOが2017年に計画しているプロジェクトはどのようなものか?
3

2017年には保険会社のIT予算にどのような変化があるか?

本レポートは、北米損害保険会社のCIOを対象にセレントの例年の調査に基づき、2017年の優先課題と直面すると予想されるプレッシャーをまとめています。

調査対象となった全てのセグメント(小規模・中堅・大手保険会社)のCIOは、自社のIT計画に最も重要な影響を及ぼす要因として成長率および保有額、業務プロセスの最適化、イノベーション関するビジネス目標を挙げています。

3つのセグメントのCIOがいずれも最優先プロジェクトと位置づけたのは、①レガシーシステムの近代化②デジタル化(アナリティクスとIoTを含む)―の2つです。

2016-17年のIT予算の伸び率は中堅保険会社が7%、大手保険会社が3%で、過去数年と同水準になっています。小規模保険会社が7%なのは前年の伸び率が3%と低調だったことの反動とみられます。

「CIOは、2017年は十分な予算によってビジネスパートナー向け高性能機能の向上に注力できると期待しています。今年のCIO調査では『insurtechにいかに取り組んでいるか』という新たな質問を加えたところ、保険会社の規模に関係なく『様子見をしている』との回答が圧倒的多数を占めました。大手および中堅保険会社の中には、試験的プロジェクトを進めていると回答したところもありました。insurtechへの投資を行っていると回答した大手・中堅保険会社はごく少数にとどまり、insurtechを実際の業務で導入していると回答したCIOはありませんでした」と保険プラクティスのリサーチディレクター、ドナルド・ライトは述べています。




Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

Insight details

分野
種類
レポート, オンラインセミナー
拠点
北米