ベンダー
English

2013年 保険金請求システムベンダー評価:北米損保

Create a vendor selection project
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
We are waiting for the vendor to publish their solution profile. Contact us or request the RFX.
2013/04/05

Abstract

保険金請求システムを手がけるベンダーのうち、テクノロジー、機能、顧客基盤、サービスの観点から2013年のリーダー的存在になるのは誰でしょうか。セレントの「XCelent Awards」の受賞ベンダーを紹介する本レポートは、その答えを見つけるヒントになるかもしれません。

最新レポート「2013年 保険金請求システムベンダー評価:北米損保」は、23の保険金請求システムを取り上げています。このうち12のソリューションについては全ての機能・特性を紹介し、「ABCDベンダービュー」を使ってランク付けしました。残りの11のソリューションに関しては概要を紹介し、ランク付けは行っていません。また、レポートでは「XCelent Awards」の受賞者を明らかにしています。

ここで取り上げた保険金請求システムの多くは、過去10年間に.NETまたはJEEといった最新のシステム基盤に移行したか、このいずれかに基づいて一から構築されたものです。全てのソリューションは、ここ2年間に小規模または大規模なバージョン変更を行っています。また、大部分のソリューションは保険金請求に関連した14の基本機能を何らかの形で提供しているほか、11の最先端の追加的機能の多くも備えています。

「これらのソリューションは、表面的にはほとんど差がないように見えます。それだけに、保険会社がそれぞれの機能を精査し、各ベンダーの製品が自らのニーズに合っているかどうか見極める術を知ることが一段と重要になっています。こうした作業を難しくしている要因として、今やシステムの要件が特定の保険金査定方法を再現する機能ではなく、向こう5年、10年、15年間、保険会社自らが査定方法を変更できる柔軟性の高さへとシフトしていることが挙げられます」と、セレント保険グループのリサーチディレクターでレポートを執筆したドナルド・ライトは述べています。

本レポートは103p、49表と10図で構成されています。