ベンダー
English

米国地銀におけるウェルスマネジメント戦略: 2000-2005年 ヒベルニア・ナショナル銀行のケーススタディ

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2006/12/07

Abstract


(このレポートは2006年12月7日に"Integrated Wealth Management in Regional US Banks: Hibernia National Bank, 2000-2005"というタイトルで英文で発表されましたが、和訳版を2007年7月2日に発行しました。)

セレントは、ウェルスマネジメントの分野で顧客の獲得・維持に成功した米国の先進的な地銀の例を紹介します。

米国の地方銀行であるHibernia National Bank of New Orleansは、2000年にルイジアナ州とテキサス州東部在住の富裕層をターゲットとする包括的で意欲的なプランを打ち出しました。セレントの最新レポート「米国地銀におけるウェルスマネジメント戦略:2000-2005年ヒベルニア・ナショナル銀行のケーススタディ」は、同行がウェルスマネジメントの分野で競争優位を築くために実行した取り組みを紹介しています。

レポートは、同行の組織、企業カルチャー、提供する商品およびサービス、人員および販売チャネル、導入システムがどのように変化したかを明らかにしています。

また、セレントのウェルスマネジメント担当のシニアアナリストでレポートを執筆したロバート・エリスは、次のように述べています。「全てが完璧に機能したわけではありませんが、他の金融機関にとって参考となる強力な成功の要素が複数挙げられます。」「しかし、どれほど十分に準備された組織であっても、トレンドやそれを認識するということについては、対応に苦労した場面もかなり見受けられました。」

このレポートは、地銀やコミュニティ・バンクをはじめ、他の競合金融機関にとって参考となるでしょう。

本レポートは5表を含む全26ページで構成されています。