保険金請求訴訟のコスト管理を巡る システム戦略

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2003/12/29

Abstract


損害保険会社におけるコスト削減の重要性が増す中、保険金請求訴訟のコスト管理ツールが今後大きな関心を集めると予想されます。


米国の損害保険業界では、訴訟費用とコスト管理費用を合わせて年間200億ドルを超える資金が投入されています。しかも、このうち多くの金額が社外弁護士への報酬として支払われています。この市場に向けて、最近これらの訴訟コスト管理を強化するためのツールが登場しています。

セレントの最新レポート「保険金請求訴訟のコスト管理を巡るシステム戦略」の著者でシニアアナリストのクレイグ・ウェバーは、「訴訟関連の管理ツールについては、電子請求システムといった基本的なツールでさえ普及するまでかなりの時間がかかっていました。 しかし、現在の事業環境は、コスト削減に結びつくものは何でも導入せざるを得ないほど逼迫しているのです」と述べています。

ウェバーによると、米国の保険会社トップ50のうち、現在既に保険金請求訴訟の管理システムを備えているのは全体のわずか12~15%にとどまっています。したがって、この分野は今後1~2年間で飛躍的な成長が期待できると考えられます。

コスト削減が見込まれる分野
業務分野 コスト削減方法 コスト削減余地

難易度

請求手続き マニュアルによる保険請求手続きを減らす (請求受諾、データ入力、社内手続き、調停および請求却下など)。 手続き費用(事務費用など)の40~50%は削減可能。 請求査定業務の自動化と1件当たりの処理時間短縮が、コスト削減の促進要因となる。

請求内容の査定にルールベースを導入する。 当初は請求総額の2~5%、ルールの調整後は8~10%が削減可能。 多数の請求に対して一貫したルールを適用することが重要。
訴訟事項の管理 パフォーマンスを管理するため、法律事務所と保険会社用に電子レポートを作成・配布する。 主にサービスの改善につながる。大幅なコスト削減につながる可能性もあるが、数値化は難しい。
訴訟の資料、メモ、スケジュールなどを共同作成、共有化する環境を整える。 保険会社と法律事務所によって効果は異なる。
ビジネス
分析
訴訟のタイプ別に最も有効な対処策および解決策を提供できる法律事務所を決定する。

最善の訴訟戦略を確定するためのデータ分析を行い、支出を最適化する。
出所: セレント・コミュニケーションズ

「現在提供されているソリューションの多くはアプリケーションサービスプロバイダー(ASP)が開発したもので、機能性に優れている点はプラス材料といえるでしょう。そのため、保険会社は社内のIT投資額を最小限に抑えつつ速やかに導入することでき、その結果として6ヶ月以内に早くもコスト削減効果が表われます」と、ウェーバーは分析しています。

本レポートでは、保険金請求訴訟の管理システムの主な機能についてまとめる同時に、優良ベンダーの選別を試みています。また、業務分野ごとのコスト削減余地について検証する一方(上表を参照)、保険会社のコスト削減計画を基に成果の最大化を図る方法を提案しています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

分野
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米