女性の金融ニーズを満たす

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2016/06/13
コリーン・リスクアシュレイ・ロングボー

Abstract


世界の富の多くの部分は女性の管理下にあるにもかかわらず、ウェルスマネジメント市場において女性顧客のセグメントは見落とされがちです。女性顧客はセグメントとして規模が大きい上、世代によってその行動の特徴、経済的な目標、テクノロジーの適性、商品・サービスへのニーズが多様化していることから、保険会社はこのユニークな市場セグメントに対する理解を深め、投資していく必要があります。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 保険会社にとって、なぜ女性顧客との関係を見直すことが重要なのか?

2

女性顧客のユニークな特質と投資目標は、金融業界にどのような影響を及ぼすか?
3

最新テクノロジーは女性セグメントに対するサービスの改善にどう生かせるか?


米国では女性の労働参加率が上昇し、所得も増加傾向にあるにもかかわらず、ことお金に関しては、いまだ安心感や確信を得られる状態には程遠く、ニーズも満たされていないのが現状とみられます。女性は、自らの意志で選んだか否かにかかわらず、長期にわたって金融ニーズや資産の安全確保を担う存在となっています。

金融サービスの対象となる女性は多数に上り、世界の富の多くの部分が女性の管理下にあるにもかかわらず、この市場セグメントは見落とされてきました。富裕層および超富裕層の女性からは、アドバイザーや金融業界が提供するサービスへの不満の声が頻繁に聞かれます。

保険会社のプロたちが女性の金融ニーズへの理解を深め、それらにより適切な対応をしようと努力するなか、アドバイザーと女性顧客との関係は改善しているものの、その経済的な目標と金融ニーズに対応するにはさらなる前進が求められます。

「女性の富裕層・超富裕層顧客が増えていることに加え、次世代のミレニアム世代の急速な台頭は、保険会社やフィナンシャルアドバイザーを取り巻く環境を魅力的ながらも複雑なものにしています。女性が積極的に資産を管理する役割を担い、経済的な目標を追及するようになった今、女性はもはやニッチ市場ではなくなっています」とセレント保険プラクティスのシニア・アナリストでレポートの共著者であるコリーン・リスクは述べています。

レポートでは市場を世代別に分け、各世代に特有なアドバイザーと顧客の関係を明らかにし、金融アドバイザーが最新テクノロジーを使っていかに既存のアドバイザリーモデルを修正し、サービス向上を図っていけるかを示しています。


Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

Insight details

種類
レポート
拠点
北米