ベンダー
English

マイクロインシュアランスの高コストの販売体制:イノベーションによる変革

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2016/06/13
ルイス・チパナ

Insurers use a mix of distribution channels according to the type of product, service, and customer segment preferences. These go from websites, apps, and branches to agents, banks, and retailers. How effective are these when it comes to selling microinsurance?

Abstract

保険会社は商品、サービスおよび顧客セグメントによる志向の違いによって、ウェブサイト、アプリケーション、支店からエージェント、銀行、小売業者など、複数の販売チャネルを使い分けています。では、マイクロインシュアランスを販売する上で有効なチャネルはこのうちどれでしょうか。

マイクロインシュアランスの販売に採用されたチャネルは非常に重要な任務を担うことになります。こうした保険の販売で利益を上げるには、一般に薄利多売の手法が求められるからです。これを実現できる保険会社は効率性と拡張性を同時に提供できるでしょう。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 マイクロインシュアランスはどの程度普及しているか?

2

マイクロインシュアランスの販売チャネルとして現在または将来的に最も有効なのは?
3

新たな販売チャネルの構築にあたっての課題とは?

マイクロインシュアランス向け販売チャネルの状況と新たなチャネルを構築する保険会社が直面する課題を明らかにし、一部の国で保険サービスを受けられない人を取り込むために使われている新たなテクノロジーについても取り上げます。

「保険会社は、ソーシャルメディアや電子マネーなど、新たなテクノロジーの導入によってコストを下げ、マイクロインシュアランスの販売方法のディスラプティブな変革につながげられることを認識しています。しかしその一方で、コストが嵩む従来型チャネルへの投資も続けています」とセレント保険プラクティスのアナリストでレポートを執筆したルイス・チパナは述べています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
生命保険, 損害保険
Subscription(s) required to access this Insight:
保険, 生命保険, 損害保険
種類
レポート
拠点
南米