ベンダー
English

2009年 損害保険契約管理システムのトレンドと展望

Create a vendor selection project
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
We are waiting for the vendor to publish their solution profile. Contact us or request the RFX.
2009/07/27

Abstract


セレントは、保険契約管理システムをめぐる5つの重要なトレンドを検証し、今後数年間にこの市場の主流となって重要性を増すとみられる4つのトレンドについてその見通しを示しています。

セレントは数ヶ月間にわたって計100社近くのベンダーのデモを分析し、数百に及ぶ顧客を対象に調査を行ってきました。その結果を「2009年 米国 保険契約管理システム:企業向け損害保険」(2009年6月)、「2009年 米国 保険契約管理システム:個人向け損害保険」(同6月)、「2009年 欧州損害保険会社向け保険契約管理システム」(同7月)の3本のレポート(計566ページ)にまとめました。これらのレポートは保険契約管理システムの現状に焦点を当て、過去の導入事例や顧客サービスについて検証し、セレント独自の基準にもとづく既存システムのランキングを紹介しています。

保険契約管理システムの市場を調査する中で、各システムのトレンドが見えてきました。「システムの機能の多くは前回レポートを発行した2007年とほぼ同じですが、当時はまだ一部にしか見られなかった新機能が今では当たり前になっています」とセレント保険プラクティスのシニアアナリストでレポート共同執筆者のドナルド・ライトは述べています。

出典:セレント

「トレンドとして取り上げられた機能や特性を備えていないシステムのベンダーは、販売経路の修正を真剣に検討すべきでしょう。新システムの導入を検討中の保険会社や、既に導入済みでもシステムのアップデートを希望する保険会社は、当然ながら、これらの機能を重要視しています」とシニアアナリストで共同執筆者のキャサリン・スタッグ・マーシーは指摘しています。

「他社に先駆けたイノベーションを目指すベンダーは、これらのトレンドに細心の注意を払うべきでしょう」とシニアアナリストで共同執筆者のジェフ・ゴールドバーグは述べています。

本レポートは1図および2表を含む26ページで構成されています。