セレントモデルバンク2017:ブロックチェーンの試験ネットワーク:エミレーツNBDとICICI銀行

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2017/04/03
パトリシア・ハインズ

Abstract


セレントモデルバンクアワード:最も成功可能性の高い概念実証部門受賞:
ブロックチェーンのテストネットワーク:エミレーツNBDとICICI銀行

2017年セレントモデルバンクの「最も成功可能性の高い概念実証」部門のアワードはエミレーツNBDとICIC銀行が受賞しました。両行は「EdgeVerve」という金融サービス向けブロックチェーンの枠組みを使って、UAEとインド間という両行にとって最も件数の多い取引ルートにおけるトレードファイナンスおよび送金取引をテストしました。

ブロックチェーンと呼ばれる分散型帳簿テクノロジーは、コーポレートバンキングセクターにディスラプションをもたらす恐れがあります。それによって可視性の向上、摩擦の軽減、照合の自動化、サイクルタイムの縮小が実現する可能性があるからです。特に、伝統的なトレードファイナンス、サプライチェーンファイナンス、クロスボーダー決済、デジタルID管理を中心とするコーポレートバンキングにおいて、大きな関心と投資を集めています。

金融機関とテクノロジープロバイダーは連携し、一丸となって金融サービス全般における分散型帳簿ソリューションの開発と導入を加速させています。テクノロジーの開発予算が限られるなか、金融機関はこうした連携によって開発ノウハウとコストを共有することができます。

このプロジェクトにより、エミレーツNBDはUAEで、ICICI銀行はインドで、それぞれブロックチェーンに基づく金融サービスネットワークの試験を実施した初めての銀行になりました。

「このブロックチェーンによるネットワークモデルは、銀行の既存システムやプロセスを破壊するようなものではありません。しかし、このモデルによって銀行はブロックチェーンが駆動するネットワークと既存のアーキテクチャをシームレスに統合し、複雑さを軽減することができます」とセレント銀行プラクティスのシニア・アナリスト、パトリシア・ハインズは述べています。

金融サービス向けブロックチェーンの枠組み「EdgeVerve」

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米