ベンダー
English

2009年 ヘッジファンド投資家向け会計システムのベンダーランキング

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2009/03/27

Abstract


ヘッジファンド、ファンド・オブ・ファンズおよびヘッジファンド管理者にとって、投資家向け会計プラットフォームは極めて魅力的なソフトウェア分野となっています。こうしたシステムの市場は現在縮小傾向にあるものの、将来的には力強い回復が見込まれるでしょう。

投資家や取引の数が増加するとともに新しいタイプの顧客が市場に参入しており、スプレッドシートに基づく従来の投資家向け会計ソフトではもはや十分に対応しきれないケースが増えています。さらに、ファンドの構造や報酬体系がより複雑化したため、正確で一貫性のある会計処理をタイムリーに行うための高度な機能が求められるようになっています。

セレントの最新レポート「2009年 ヘッジファンド投資家向け会計システムのベンダーランキング」は、ヘッジファンドの投資家向け会計機能として対応可能なソフトウェアの選択肢について調査・評価しています。レポートではAdvent Software、Backstop Solutions、Digital Shape Technologies、Fi-Tek、Infonic AG、Koger Inc.、Linedata Services、Pacific Fund Systems、SS&CおよびSunGardのベンダー10社の製品を取り上げています。

「ヘッジファンドやファンド・オブ・ファンズによるIT投資の抑制を受け、この分野の市場は今年から来年にかけて縮小する見通しです。しかし、2011年以降は成長シナリオが見込めるでしょう。ヘッジファンドは投資家からの厳しい要求や報酬体系の変化といった問題に直面しており、手間のかかる投資家向け会計処理の自動化に向けて積極的に取り組んでいくでしょう。特にシステムの導入が遅れているファンド・オブ・ファンズではこの傾向が強いとみられます」とセレントのアナリストでレポートを執筆したイザベル・シャウエルテは述べています。

本レポートは13図と16表を含む全72ページで構成されています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
キャピタルマーケッツ, ウェルスマネジメント
Subscription(s) required to access this Insight:
ウェルス&アセットマネジメント
種類
レポート
拠点
北米