ベンダー
English

2013年 中国の中小銀行向け勘定系ソリューション

Create a vendor selection project
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
We are waiting for the vendor to publish their solution profile. Contact us or request the RFX.
2013/11/25

Abstract


2011年から2013年、中国の国有商業銀行全4行、株式制銀行の40%、20超の都市銀行が、勘定系システムをアップグレードあるいは変更しました。

銀行間の競争は激化しています。多くの銀行が、差別化とイノベーションにより競争優位を確立しようとしています。これまでも取り組んできたリスク管理の向上やペイメント・サービスの最適化などだけでなく、インターネットバンキング、金利自由化、小規模融資や小口融資などにおいても、勘定系が飛躍的進歩を経験することを期待してきました。最新レポート「中国の中小銀行向け勘定系ソリューション」では、勘定系のアップグレードを促進している要因、IT投資、SaaSアプリケーション、その他のトレンドを分析します。


「中国には100以上の都市銀行が存在し、その多くが最近新たに設立されたもので、そのITインフラは非常に脆弱です。そこで、山東省の都市商業銀行15行は提携して、データオペレーション/管理や決済などのサービスを行うSaaSベースの勘定系システムを構築しています」、セレントのアジア金融サービス・グループのアナリストで本レポートの共同執筆者、フア・ジャンは述べています。

本レポートは、中国の勘定系システム市場を概観し、最新の勘定系システムを紹介し、それらが銀行の事業戦略をどのようにサポートしているかについて論じます。