ベンダー
English

信託業務と証券業務の分断の克服:アドバイザー向け共通プラットフォームへの移行

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2018/09/28
ウィリアム・トラウト

本レポートで取り上げたプラットフォームが提供する離散型統合モデルは、アドバイザー向け機能を最大限拡充するための最適な方法をめぐる注目すべき見解を反映している。

Key research questions

  • 信託業務と証券業務を統合するための要件とは?
  • デジタル化がウェルスマネジメント業務に及ぼした影響とは?
  • 統合モデルのタイプによって優劣の差はあるか?

Abstract

顧客は、1つの金融機関で保有する投資商品を証券、信託、銀行といったチャネル別に分けるのではなく、全体として捉えている。本レポートでは、金融機関が新しいタイプのミドル/バックオフィスシステム利用して、既存の垂直型システム構造の限界を超え、一貫性のあるチャネル横断的な顧客エクスペリエンスを提供する統合プラットフォームを開発する方法を考察している。

信託業務および証券業務をアドバイザー向けの共通プラットフォーム上で統合する取り組みは、顧客ニーズと従来型のウェルスマネジメントサービスモデルとのギャップを解消することを目的としている。新たなモデルのポテンシャルを引き出すためには、縦割り組織の解体、細分化した販売チャネルの一体化、新たなステークホルダーのニーズへの対応などが必要となる。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

ログインして詳細を読む

Insight details

分野
ウェルスマネジメント
Subscription(s) required to access this Insight:
ウェルス&アセットマネジメント
種類
レポート
拠点
北米