ベンダー
English

モバイル、ビルペイ、PFMおよびソーシャル・メディアがヘルスケア・バンキングに果たす役割

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2010/04/13
ジェイコブ・イエーガー Jegher

Abstract


リテール・バンキングの分野では消費者向けの様々なテクノロジーが導入されていますが、ヘルスケア・バンキングではそれらの採用が遅れています。ヘルスケアに特化する金融機関、ベンダー、アドミニストレーターは、他のシステムの導入を見送ってもこうしたテクノロジーの一部を採用し、後れを取り戻すべき時期にきています。

ここ3年から5年の間に新たなテクノロジーが次々と登場したのに伴い、リテール銀行が顧客サービス、顧客の維持、高額商品の販売を行うための手法が大きく変わると同時に、コストの削減も進みました。こうしたテクノロジーの多くはリテール・バンキングの分野に根付いており、そのアプリケーションはヘルスケア・バンキングを手掛ける金融機関にとっても大きな関心の的になるはずです。

セレントの最新レポート「モバイル、ビルペイ、PFMおよびソーシャル・メディアがヘルスケア・バンキングに果たす役割」は、ヘルスケア・バンキングの分野におけるリテール・バンキング・テクノロジーの採用状況を明らかにしています。レポートでは特に、①テクノロジーは市場参加者に何を提供するか②テクノロジーをどのような方法でヘルスケア・バンキング市場に導入すべきか③テクノロジーの採用はヘルスケア・バンキングの改善につながるか④現在どのようなテクノロジーが入手可能か⑤テクノロジーの潜在能力をヘルスケア・バンキングの分野でフル活用するにはどうすればいいか―についてテクノロジーごとに検証しています。


出典:セレント

「これらのテクノロジーの大きな特徴は、ごく少数の例外を除いて、金融機関が主導して開発されたものではない点にあります。今後ヘルスケア・バンキングに導入される新テクノロジーは、金融機関主導ではないものがさらに増えるとみられ、これまでリテール・バンキングに従事してこなかった新たなエコシステムが形成されるようになるでしょう」とセレント銀行グループのシニアアナリストでレポート執筆者のレッド・ギレンは述べています。

本レポートは26図と5表を含む52ページで構成されています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
リテールバンキング
Subscription(s) required to access this Insight:
銀行, リテールバンキング
種類
レポート
拠点
北米