ベンダー
English

リテールFX:成熟した成長局面へ

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2011/09/07
スリークリシュナ・サンカー

Abstract


個人投資家による外国為替(FX)取引は2,000億ドル(約15.3兆円)規模のビジネスに成長し、2007年以降は年率33%のペースで拡大が続いています。こうした成長には、レバレッジをめぐる規制強化や自己資本比率の引き上げに伴うプレーヤーの相次ぐ市場撤退などが影響を及ぼしてきましたが、今後より安全な取引環境を整備することで中長期的な投資家の参入が増え、さらなる市場拡大につながるとセレントは考えます。

セレントの最新レポート「リテールFX:成熟した成長局面へ」は個人投資家によるFX取引の発展の経緯を取り上げています。それによると、売買高は2004年には低水準にとどまっていましたが、2011年現在はFX取引全体に占める割合が大幅に上昇しています。レポートでは規制の見直しがこの市場に及ぼす影響を予測し、今後の成長見通しを分析しています。また、市場のトレンドを詳しく分析し、アジアでの主な成長市場、FX取引を専門としないブローカーの参入、買収・合併の動向などについて説明しています。レポートでは特に、個人向けFX取引ブローカーに求められるシステム要件に焦点を当て、その重要な要素としてソーシャルメディアとモバイル性を挙げています。

より高度な知識を持つ個人投資家はテクノロジー投資に積極的で、アルゴリズム取引や流動性の強化を支持しており、一方、実際の商品やサービスは高リターンを求めて増え続ける新規参入セグメントのニーズにも応える必要があります。市場プレーヤーは、ウェビナーやウェブビデオによる個人指導、ディスカッションフォーラム、最先端のソーシャルメディアによるやり取りといった革新的なアプローチで、このセグメントの投資意欲の喚起に努めています。

「顧客維持に成功するための重要なカギは、ソーシャルメディアを通じて顧客のコミュニティ形成を促すことです。コミュニティを使うことで学習曲線が急速に上昇し、より頻繁に取引を行うトレーダーから勝つための戦略を学ぶこともできます」と、セレントのインド・フィナンシャル・サービス・グループのアナリストでレポートを執筆したスリークリシュナ・サンカーは述べています。

個人向けFX取引業者は、迅速に商品・サービスを強化する必要があります。市場参加者が常時FX市場に繋がっていられるモバイルアプリケーションの開発は不可欠といえるでしょう。他社との差別化を図るためには、アルゴリズム取引の開発や自動化のサポートに加え、優れたリサーチや分析ツールの提供も欠かせません。社内においては、しっかりしたインフラ戦略を策定し、業務を効率化して顧客に迅速かつ拡張性の高いサービスを提供する必要があります。

レポートでは、市場プレーヤーが自社のプラットフォーム開発にあたって、一部をホワイトラベル化またはアウトソースするか、独自のソリューションを構築するかの戦略的選択を迫られる現状を明らかにしています。また、プラットフォームに求められる主な機能と、これらがいかにエンドユーザーの利便性を高めてプラットフォームへのロイヤルティを向上させるかについて論じています。この分野は利益率が低く、顧客が頻繁な取引を繰り返すことから、特にこの点は重要です。




Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
ウェルスマネジメント
Subscription(s) required to access this Insight:
ウェルス&アセットマネジメント
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米