保険基幹系システムの新たなアーキテクチャ: ベンダーの取り組み

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2018/03/22
ドナルド・ライトクレイグ・ビーティ

変化の激しい今日では、アプリケーションとサービスの開発と保守のベストプラクティスは変わっていきます。

Key research questions

  • 新しいアーキテクチャの3つの基本要素は何か?
  • 新しいアーキテクチャ要素がもたらすメリットは何か?
  • コアシステムのITベンダーは、どのくらい迅速に新しいアーキテクチャを構築しているか?

Abstract

セレントはベンダーに対し、「クラウド対応(cloud-ready)とクラウドネイティブ(cloud-native)の定義は何か?」「貴社が提供しているものはどちらか?」と問いかけました。

マイクロサービス、API、およびクラウドは、保険会社のコアシステムのアーキテクチャを大きく変えようとしています。こうしたテクノロジーは、保険会社やテクノロジー企業にさらなる価値をもたらすためにどのように相互に連携しているのでしょうか?


今日、保険会社やITベンダーが利用できるツールや手法、環境は、数年前よりも優れたアジリティ、効率性、分析力、セキュリティを実現します。

このレポートでは、新しいアーキテクチャを構成する3つの要素であるマイクロサービス、API、クラウドに焦点を当て、それぞれの定義やメリットを取り上げます。また、世界をリードするグローバルコアシステムベンダー11社からの詳細な回答もご紹介します。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

ログインして詳細を読む

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米