銀行の内部不正防止のための分析アプローチ

Celent will help qualify your requirements and introduce you to the vendor
Spotted a missing vendor? Use this form to alert a vendor to the Celent service
Create a vendor selection project & run comparison reports
Register to access this feature
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
Vendor requires PRO subscription to activate this feature
Requires research subscription, contact Celent for more info
30 November 2017
ジョアン・マッゴーワン

Key research questions

  • 銀行が直面する課題とは?
  • アクセス権限と知識を兼ね備えたインサイダーの不正行為を防ぐために何をすべきか?
  • 内部不正行為の脅威を抑制するための新たなツールとは?

Abstract

自行の従業員が不正行為を犯す恐れはありませんか?

銀行内部で不正を働く従業員は、優位な立場にいます。業務上の知識やスキル、プロセス、アクセス権限を悪用すれば、そのまま犯罪行為が可能になるからです。こうしたインサイダーの動きを把握するためには、AIや行動分析テクノロジーへの投資が不可欠です。

本レポートでは、内部不正行為が拡大する現状を考察し、こうした脅威への技術的な対応やその他の長期的アプローチを取り上げて推奨します。

sign in or register to read more

Insight details

Special Interest
イノベーション/最新テクノロジー, リスク
種類
レポート
内容
業界動向, テクノロジー動向
拠点
欧州/中東/アフリカ, 北米
Subscription categories
銀行, フィナンシャルリスク, オぺレーショナルリスク, リテールバンキング, リスク&コンプライアンス