銀行の内部不正防止のための分析アプローチ

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2017/11/30
ジョアン・マッゴーワン

Key research questions

  • 銀行が直面する課題とは?
  • アクセス権限と知識を兼ね備えたインサイダーの不正行為を防ぐために何をすべきか?
  • 内部不正行為の脅威を抑制するための新たなツールとは?

Abstract

自行の従業員が不正行為を犯す恐れはありませんか?

銀行内部で不正を働く従業員は、優位な立場にいます。業務上の知識やスキル、プロセス、アクセス権限を悪用すれば、そのまま犯罪行為が可能になるからです。こうしたインサイダーの動きを把握するためには、AIや行動分析テクノロジーへの投資が不可欠です。

本レポートでは、内部不正行為が拡大する現状を考察し、こうした脅威への技術的な対応やその他の長期的アプローチを取り上げて推奨します。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

ログインして詳細を読む

Insight details

種類
レポート
内容
業界動向, イノベーション/最新テクノロジー, Legacy and Ecosystem Transformation, リスク, テクノロジー動向
拠点
欧州/中東/アフリカ, 北米