クラウド第2幕

Celent will help qualify your requirements and introduce you to the vendor
Spotted a missing vendor? Use this form to alert a vendor to the Celent service
Create a vendor selection project & run comparison reports
Register to access this feature
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
Vendor requires PRO subscription to activate this feature
Requires research subscription, contact Celent for more info
15 December 2015
Eiichiro Yanagawa

大手金融機関グループにおける、包括的なITソーシング契約が発表された。こうした取り組みが続くことで、レガシーなシステム基盤が現代化されるだけでなく、レガシーなビジネスモデルは完全に淘汰されるであろう。

IaaSとPaaSのクラウドシステム基盤と、ハイブリッドに連携するSaaS、ビックデータ・アナリティクスやIoT、AIなどの新サービスが、レガシーの現代化だけでなく、イノベーティブな新ビジネスのインキュベーターとなる。そしてその先には、APIの解放からオープンイノベーションの扉が開く。

汎用的なITゼネコンにとって、恐ろしい時代となった。こうした取り組みは、日本のSIベンダー各社には、大きな警鐘と聞こえるはずだ。一方で、尖鋭的なアプリケーションベンダーは、迅速にその採用を決めた。そして、ローレイテンシーな世界でも、イノベーションへの環境を整えてゆく。

破壊的なテクノロジーは、既に、身近に存在する。イノベーションへの河を渡るためには、その動機と革新を恐れない勇気が必要だ。ITは、もはやイノベーションのバリアではない。明らかにドライバーである。

2016年は、「クラウドファースト」から「イノベーションファースト」へ、クラウドの第2幕が開く。

Insight details

Content Type
Blogs
Location
Asia-Pacific