コーポレートアクションの自動化:加速する取引ライフサイクルの最適化

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2014/04/09
イザベラ・フォンセカとデビッド・イーストホープ

Abstract


金融機関は今もなお、コーポレートアクション関連システムの見直しを促す様々な課題に直面しています。利ざやの縮小、規制強化の動き、市場インフラの変化を背景に、組織全体の効率性改善に向けた長期的な変革プロジェクトの策定を迫られています。

今後、取引ライフサイクル最適化(TLO: trade lifecycle optimization)に向けた動きは加速するとみられます。TLOは証券のトレーディング、オペレーションおよびIT部門のフロント/ミドル/バックオフィス業務の課題とビジネスチャンスを解決するための概念上の枠組みです。TLOを実現することで、より多くの情報に基づく意志決定が可能となり、トレーディング、担保管理、清算・決済など複数の業務の効率化につながります。コーポレートアクションの自動化システムはTLOの枠組みに最適といえるでしょう。これを導入することで、取引後および決済業務の最適化が可能となるためです。

「コーポレートアクションの自動化は複数のメリットをもたらします。そのことはかなり以前から認識されていましたが、金融機関の多くはそれらを数値化できずにいました。 コーポレートアクションは、もはやバックオフィスだけに影響を及ぼす個別のプロセスと考えるべきではないでしょう。コーポレートアクション関連の予算を業務部門のスタッフ以外にも振り向ける必要が出てきています。金融機関の多くは、コーポレートアクションをデータの一元化やレポジトリに関連するより大規模なプロジェクトの一部として捉えるべきでしょう」と、リサーチディレクターでレポートを共同執筆したイザベラ・フォンセカは述べています。

「コーポレートアクションの自動化は、データおよび取引ライフサイクルの効率的管理を強化するための長期変換プロジェクトの一環として考える必要があります。金融機関とベンダーはそうした考えに基づいてコーポレートアクションの自動化に取り組むべきでしょう」と、証券グループのシニアバイスプレジデントでレポート共同執筆者のデビッド・イーストホープは指摘しています。

本レポートは、金融機関の投資リターンを算出するための枠組みを示しています。また、コーポレートアクション関連投資について、ベンダーの視点から解説しています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

種類
レポート
内容
業界動向, イノベーション/最新テクノロジー, リスク, テクノロジー動向
拠点
欧州/中東/アフリカ, 北米