ウェルスマネジメントにおける自然言語処理:バーチャルエージェント【抄訳版】

Celent will help qualify your requirements and introduce you to the vendor
Spotted a missing vendor? Use this form to alert a vendor to the Celent service
Create a vendor selection project & run comparison reports
Register to access this feature
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
Vendor requires PRO subscription to activate this feature
Requires research subscription, contact Celent for more info
7 March 2017
ケリー・バーンズ

Abstract


本レポートは、ウェルスマネジメント分野の自然言語処理アプリケーション、特に、認識エージェントとチャットボットを導入することで顧客経験の向上と顧客サポートの応答時間短縮を図る動きが広がっていることに注目し、現状と今後の展開について解説します。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 ウェルスマネジメントで自然言語処理(NLP)はどのように使われているか?

2

NLPソリューションを導入する際には、どのような特性を考慮すべきか?
3

NLPの利用におけるベストプラクティスは?

ウェルスマネジメントにおけるNLPの用途として、オンボーディングおよび顧客の本人確認情報の収集、銘柄選定のためのセンチメント分析の蓄積、アドバイザー向け知識ベースの構築、顧客サポートの提供、バーチャル財務アシスタントとしての役割、顧客の本人確認などが挙げられます。バーチャルエージェントは、ベストプラクティスを構築するプロセス・オントロジーを備え、複数の言語を話し、手続きをフォローし、課題を解決できないケースを認識する能力を持つ必要があります。新たな組織にNLPテクノロジーの導入をいきなり義務づけるのではなく、社外にセンターオブエクセレンスを設けることが有効でしょう。

「NLPテクノロジーを試す最初のユースケースを決める際には、社内向けアプリケーションから始めるのが賢明でしょう。新しいテクノロジーをいきなり顧客向けアプリケーションに導入するのではなく、まずは従業員向けで試してみるべきでしょう。」

「今後1年間には、既にバーチャルアシスタントを導入している大手リテール銀行の多くが、社内のリテールバンキングおよびウェルスマネジメント部門で新たなユースケースをスタートさせるとみられます」とウェルスマネジメント・プラクティスのアナリスト、ケリー・バーンズは述べています。



Insight details

Special Interest
イノベーション/最新テクノロジー
種類
レポート
内容
ケーススタディ, Executive Extract【抄訳版】, 業界動向, テクノロジー動向, ベンダー評価
拠点
欧州/中東/アフリカ, 北米
Subscription categories
アセットマネジメント, 証券, ウェルス&アセットマネジメント, ウェルスマネジメント