保険業界におけるITベンダーのソート・リーダーシップ:いかに構築し届けるか?【抄訳版】

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2015/08/31
クレイグ・ウェバーとカーリン・カーナハン

Abstract

(このレポートは2015年8月31日に" Getting Thought Leadership Right: When Vendors Speak, Does Anyone Listen?" というタイトルで英文で発表されましたが、抄訳版を2016年1月12日に発行しました。)

ソート・リーダーシップが喧しく唱えられる中、ベンダーも、ソート・リーダーシップを効果的に示すことのできれば、成功のチャンスを得られるでしょう。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 保険業界ではソート・リーダーシップはどれほど重視されているか?

2

ソート・リーダーシップを発揮するために最も効果的な方法は?
3

ソート・リーダーシップ関連プロジェクトを推進するためのベストプラクティスとは?

セレントの最新の調査から、保険会社はベンダーのソート・リーダーシップを重要視していることが明らかになりました。

「ソート・リーダーシップを発揮することは容易ではなく、うまくいかないことの方が多いといえるでしょう。しかし、保険会社は、信頼できるソートリーダーであるベンダーに注目し、そのようなベンダーと提携したいと考えているようです」とセレントCEOのクレイグ・ウェバーは述べています。

セレントの保険IT調査の結果から、テーマの選定、デリバリー方法の選択、提携戦略およびガバナンスモデルがソート・リーダシップの鍵を握ることが明らかになりました。保険会社はソート・リーダーシップの内容をどのように見ているか、また、ベンダーはソート・リーダシップをどのように構築し、届ければよいかについてのベストプラクティスを、初めて明らかにするものです。

「ベンダーと保険会社両方に調査した結果、いずれもソート・リーダーシップを重要視しているという結果となりました。保険に関するシステムおよびサービスのほぼ全ての分野で競争が激化しているだけに、ベンダーにとって効果的なソート・リーダーシップの構築は不可欠といえるでしょう」とリサーチディレクターのカーリン・カーナハンは指摘しています。






Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

種類
レポート
内容
イノベーション/最新テクノロジー
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米