債券取引テクノロジーのイノベーション: プラットフォームおよび構成要素

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2019/06/10
ブラッド・ベイリー

20年にわたる債券フロントオフィスの変革が一気に進展

Key research questions

  • 債券のフロントオフィスに変化をもたらしている要因とは?
  • テクノロジーとデータは債券の取引前/執行手続きをどのように変えているか?
  • テクノロジーソリューションとベンダーの最新動向は?

Abstract

流動的債券商品全般の収益性の改善を促す構造的な圧力が強まるなか、「マシンの時代」にふさわしいヒューマンプロセスの構築を推進する新たなテクノロジーが求められている。本レポートでは、極めて厳しい環境下で顧客エンゲージメント/インサイト、新たなワークフロー、オートメーションを最大限に向上するために必要な債券の取引前および執行手続きについて調査している。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

ログインして詳細を読む

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米