ブロックチェーン・キャピタルマーケッツ Part 1: 資本形成の新たなパラダイム

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
30 November 2017
ジョン・ドゥワイヤー

ICOとトークンは、オープンソースプロトコルの推進と経済的なインセンティブを同時にもたらすものです。これら2つの組み合わせにより、イノベーションと創造的な破壊(creative destruction)はかつてないレベルへと引き上げられます。

Key research questions

  • ブロックチェーン・キャピタルマーケッツとは?
  • 最近のデジタルアセットの価格変動から何を読み取るべきか?
  • 2018年以降のブロックチェーン・キャピタルマーケッツの成熟に伴い、どういったトレンドに着目すべきか?

Abstract

トークナイゼーションと分散型インターネット(decentralized internet)は、デジタルコマースの新時代の到来と、Web2.0からの進化をもたらします。

本レポートは、分散化、トークナイゼーション、ICOを取り上げるレポートシリーズの第一弾です。

分散化やトークナイゼーション、ICOについては、既に多くのことが語られてきました。しかし、このイノベーティブな資金調達手法が資本配分や投資の仕組みに与える影響については、正確なことはほとんど語られていません。

分散型デジタルエコノミーの時代において、トークナイゼーションがどういった位置づけを占めるのか。本レポートではそのフレームワークを詳しく考察します。

機関投資家層がデジタルアセット投資に取り組もうとする今、BitcoinやEthereumなどの仮想通貨は、投資の受け皿としての恩恵を享受するのに最適なポジションにいるように見受けられます。

しかし、大きなビジネスチャンスは、他の領域にこそ見出せるかもしれません。Web 3.0の名の下で、インターネットを分散型に構築し直すもの、すなわちICOです。

sign in or register to read more

Insight details

分野
種類
レポート
内容
ケーススタディ, 業界動向, イノベーション/最新テクノロジー, テクノロジー動向
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米