2017年 担保管理ソリューション:エコシステム最適化のためのベストプラクティス

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2017/06/27
キュビラス・ディン

担保はそれ自体がアセットクラスとなっており、フィンテックのスタートアップ企業や業界内のプロジェクトを通じてバリューチェーンの急速な再構築が進んでいます。

Key research questions

  • セルサイド、バイサイドおよび市場インフラ企業の担保関連実務に変化をもたらしている新たな現実とは何か?
  • テクノロジーとフィンテックは担保バリューチェーンと既存のプロバイダーのどの部分に影響を及ぼしているか?
  • 今後の変化に対応するために必要なベストプラクティスのとは?

Abstract

担保管理業務は新たな発展段階を迎えています。企業レベルでインフラやデータの使用可能性に取り組むだけでなく、全ての市場参加者が業界ベースで担保プールの接続や最適化を考える段階へと移行しつつあります。

スタートアップ企業や市場インフラ企業がエコシステム内の全ての市場参加者にメリットをもたらすような価格およびパフォーマンスで、金融機関による担保フローおよびバリューチェーンの発掘・集約・最適化・調整・移動をサポートするサービスを提供するなど、この分野では大きな変化がみられます。その結果、担保業務を管理・最適化するための次世代機能を追及する金融機関にとって選択肢の幅が広がっています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

ログインして詳細を読む

Insight details

種類
レポート, オンラインセミナー
内容
業界動向, イノベーション/最新テクノロジー, リスク, テクノロジー動向, ベンダー評価
拠点
欧州/中東/アフリカ, 北米