日本の証券市場における次世代テクノロジーの動向: 新たなテクノロジーとソーシングモデルの胎動【日本語】

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
30 October 2018
Eiichiro Yanagawa

Key research questions

  • 日本の資本市場における変化のドライバーは何か?
  • 市場参加者の対応状況は、今何処にあるか?
  • どのように次世代テクノロジーへの取り組みを進めるべきか?

Abstract

本レポートは、「証券決済革命」シリーズの第6弾です。2018年夏に実施した「日本の証券市場における次世代テクノロジーサーベイ」の結果に基づき、「金融インフラ革命」に対峙する市場参加者の現状と課題を総括し、レガシー&エコシステムマイグレーション、イノベーションとエマージングテクノロジーの可能性を提言します。

世界中の資本市場で、取引所関係者と市場参加者は、エマージングテクノロジーの評価と適用に取り組んでいます。セレントが先に発表した「世界の取引所CIOサーベイ」(2018年7月)によると、クラウド、AI(人工知能)、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)、ブロックチェーンへの取り組み状況は、「適用済み」と「試行段階」を合わせた「取り組み中」の割合で、それぞれ70%以上と高い水準に達しています。

日本の資本市場もその歩みを加速しています。これまでの「証券決済革命」は15年以上の時間を要した穏やかな進展でした。今日の「金融インフラ革命」は、日本の市場参加者にどのような影響を与えているのでしょうか?

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

sign in or register to read more

Insight details

Content Type
Reports
Focus
Industry Trends, Innovation & Emerging Technology, Legacy and Ecosystem Transformation, Technology trends
Location
Asia-Pacific