ネット専業銀行イベント参加の所感@ソウル

Celent will help qualify your requirements and introduce you to the vendor
Spotted a missing vendor? Use this form to alert a vendor to the Celent service
Create a vendor selection project & run comparison reports
Register to access this feature
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
Vendor requires PRO subscription to activate this feature
Requires research subscription, contact Celent for more info
10 March 2015
KyongSun Kong
本日、韓国ソウルで開催されたネット専業銀行に関するイベントにご招待いただき、日本のネット専業銀行の現状などについて講演して来ました。日本のネット専業銀行の事例は世界的にも多く取り上げられていますが、今回は、これまでに行なったインタビューを基に、私の見た日本のネット銀行の現状をお伝えしてまいりました。 講演後、多くの方とご挨拶をさせていただきましたが、聴衆のお役に立てたようで大変うれしく思うと共に、本件への関心の高さを実感しました。 来場者にお話を伺うなかで、いくつか共通の関心事項が浮き彫りになりました。
  1. ネット銀行設立にあたって、最も望ましいビジネスモデルは何か。
  2. 日本の各ネット銀行は、どのように差別化を図っているのか。
  3. 流通業主体のネット銀行のビジネスモデルを知りたい。
韓国では、昨年末あたりから、専門家を集めた委員会を構成し、ネット専業銀行の設立許可に向けた議論が進められています。日本で築き上げてきたノウハウを研究したいと言う企業や銀行が多く、今後、ベンチマーキングのために訪日したいとの声も多く聞こえてきました。 日本のネット銀行の持続的な成長曲線を見て、学ぶべき点が多いと感じている韓国企業が大勢います。日本のネット銀行との提携も十分に考えられる選択肢でしょう。今後の動向をセレントでも引き続き追っていく予定です。 同様のご関心をお持ちの方や、日本から見た韓国銀行業界についてのご認識など、ぜひお聞かせください。

Insight details

Sector
Content Type
Blogs
Location
Asia-Pacific