保険における自然言語処理:バーチャルエージェント

Celent will help qualify your requirements and introduce you to the vendor
Spotted a missing vendor? Use this form to alert a vendor to the Celent service
Create a vendor selection project & run comparison reports
Register to access this feature
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
Vendor requires PRO subscription to activate this feature
Requires research subscription, contact Celent for more info
24 August 2017
コリーン・リスク

Key research questions

  • 保険において自然言語処理はどのように使われているか?
  • 自然言語処理(NLP)ソリューションではどのような特性を考慮すべきか?
  • NLP導入のベストプラクティスとは?

Abstract

本レポートは保険業界における自然言語処理(NLP)の利用状況、ユースケース、また、導入をめぐるベストプラクティスを示します。

コスト削減と顧客向けデジタルサービスの向上を求める圧力はますます強まっていますが、保険会社はコアシステムの置換と現代化を通じてそうした圧力をある程度克服する一方、サービス向上、コスト削減、増益を実現するため幅広い自動化テクノロジーの導入を検討しています。

自然言語生成(NGL)と自然言語処理(NLP)を含むAIは導入可能な最先端テクノロジーとして、効率化や業務の卓越性を目指す保険会社の関心を集めています。プロセスの自動化、チャットボット、コグニティブ・コンピューティングは生産性の向上に寄与し、テクノロジーの導入によって保険会社はより付加価値の高い作業により多くの労働時間を振り向けられるようになります。

既にバーチャルエージェントなどのAIを社内外のビジネス問題解決に役立てている保険会社もあります。NLPは、保険会社とエージェントのオンボーディング手続きや顧客サポートを補助し、心理分析の蓄積を通じて顧客経験の向上に役立ちます。

sign in or register to read more

Insight details

種類
レポート
内容
業界動向
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米
Subscription categories
保険, 生命保険, 損害保険