ブロックチェーンを活用した金融犯罪への対応【抄訳版】

Celent will help qualify your requirements and introduce you to the vendor
Spotted a missing vendor? Use this form to alert a vendor to the Celent service
Create a vendor selection project & run comparison reports
Register to access this feature
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
Vendor requires PRO subscription to activate this feature
Requires research subscription, contact Celent for more info
24 September 2017
ジルビナス・バレイシスAlenka Grealish

企業向けブロックチェーン(enterprise blockchain)の導入が不正の抑制につながるケースもありますが、不正そのものを完全に排除することは難しいでしょう。

Key research questions

  • 銀行と企業による分散型台帳技術の導入状況は?
  • 分散型台帳技術が不正行為と金融犯罪に与える影響とは?
  • 将来的な不正抑制のために必要なツールとは?

Abstract

本レポートは、銀行や企業によるブロックチェーンと仮想通貨の導入状況を調査し、次に分散型台帳技術が銀行ビジネスや商取引上の不正・金融犯罪に対して及ぼす影響について検証します。そして最後に、機械学習や行動解析といった最新の不正管理ツールの重要性について考察します。

sign in or register to read more

Insight details

Special Interest
イノベーション/最新テクノロジー, リスク
種類
レポート
内容
ベンチマーキング, Executive Extract【抄訳版】, 業界動向, テクノロジー動向, ベンダー評価
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米
Subscription categories
銀行, コーポレートバンキング, オぺレーショナルリスク, リテールバンキング, リスク&コンプライアンス