コマーシャルカードの普及を促進する要因

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
11 June 2017
パトリシア・ハインズ

Abstract

コマーシャルカードは、企業の支出管理力の強化や、キャッシュフローの効率的な管理に役立ちます。

80年前、大手航空会社のグループが初めてコマーシャルカードを導入しました。それ以来、従業員の交通費処理からB2B金融サプライチェーンにおける摩擦解消まで、カードの役割は発展してきました。本レポートは、コマーシャルカードプログラムの価値と、カードの普及を促進する要因について議論します。

コマーシャルカードによるメリットは事業のニーズによって異なりますが、例えば支出管理の強化、調達から支払いまでのプロセスのデジタル化、支払いの合理化、キャッシュフローの改善などが挙げられます。かつては従業員の交通費精算のためにコーポレートカードを使っていた企業も、今では物品やサービスの調達にカードを活用しています。その証拠に、カードを使った支出は1990年代以降で900%以上拡大しています。コマーシャルカードプログラムのメリットを得るには、促進要因が何であるかを理解しなければなりません。すなわちその要因とは、運転資本を最適化する必要性、安全策の改善、セキュリティの強化、そして自社の戦略へのテクノロジー/イノベーションの導入です。

運転資本とペイメントに関する戦略の中に、カードを組み込むことにより、支払いの種類やデジタルチャネルを横断する形で統合的なアプローチを維持することができます。また、詳細な取引レポートやアナリティクスを資金管理、調達、その他の財務システムに取り込めば、さらに統合を進めることができます。カードプログラムを最適化するためには、ステークホルダーを巻き込み、支出を積極的に管理・監視し、サプライヤーに働きかけ、提携銀行と協力する必要があります。

「カードベースの支払いは、調達から支払いのプロセスで発生する摩擦軽減に役立ちます。」

「提携銀行は、企業の運転資本および支払いの戦略にコマーシャルカードを組み込むことにより、その企業の地理的拠点全体で、あらゆる支払い方法を提供することができます」とセレントのバンキングプラクティスのシニア・アナリスト、パトリシア・ハインズは述べています。

Insight details

分野
種類
レポート
内容
業界動向, イノベーション/最新テクノロジー
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米