ポストトレード市場革命の足音:デリバティブ清算インフラ刷新への取り組みと課題【日本語】

Celent will help qualify your requirements and introduce you to the vendor
Spotted a missing vendor? Use this form to alert a vendor to the Celent service
Create a vendor selection project & run comparison reports
Register to access this feature
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
Vendor requires PRO subscription to activate this feature
Requires research subscription, contact Celent for more info
29 November 2017
Eiichiro Yanagawa

本レポートは、「証券決済革命」シリーズの第5弾で、2017年秋に実施した「ポストトレード業務におけるテクノロジー活用サーベイ」の結果に基づき、革命に対峙する市場参加者の現状と課題を総括し、レガシー&エコシステムマイグレーション、イノベーションとエマージングテクノロジーの可能性を提言します。

Key research questions

  • 「JSCCデリバティブ清算刷新」プロジェクトとは何か?
  • 市場参加者の取り組みは今何処にあるか?
  • 市場参加者にとって、機会と課題、対処策は何か?

Abstract

日本のデリバティブ市場は、市場デリバティブ、有価証券店頭デリバティブともに、飛躍的な拡大を続けて来ました。既に、新J-GATE(先物・オプション)の稼動(2016年7月)により約定システム面での市場統合を完了し、引き続き、清算インフラの刷新プロジェクトに取り組んでいます。

プロジェクトは、日本証券クリアリング機構(JSCC)の上場派生清算システムを更改し、リスクモニタリングと担保管理機能の拡充を図るもので、2018年2月稼動を予定します。JSCC新清算システムは、その後、上場現物清算、国債清算をあわせ、JSCCの全清算業務に共通な基盤として、全体コストの最適化を目指します。

sign in or register to read more

Insight details

Content Type
Reports
Report Type
Industry Trends
Location
Asia-Pacific
Subscription categories
Capital Markets, Securities & Investments, Securities Services