インド準備銀行における勘定系システムのトランスフォーメーション

Celent will help qualify your requirements and introduce you to the vendor
Spotted a missing vendor? Use this form to alert a vendor to the Celent service
Create a vendor selection project & run comparison reports
Register to access this feature
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
Vendor requires PRO subscription to activate this feature
Requires research subscription, contact Celent for more info
4 December 2017
スティーヴン・グリーア

インド準備銀行(RBI)は、Intellect Design Arenaと提携して大規模なシステム現代化に取り組み、行内業務の改革と、政府の支払いシステムの構築や新たな納税プロジェクトを実現しました。

Abstract

RBIは2011年にIntellectのQuantum Central Banking Solution (QCBS)の導入に踏み切り、世界最大の国家の中央銀行の近代化に取り組みはじめました。Quantumのシステムアーキテクチャは、迅速かつ合理的なワークフローを可能にするものです。この特徴を活かし、RBIは、政府、金融機関、国民、という3つのセグメントを1つにしました。

Quantumのプラットフォームを利用して、RBIは行内業務のあり方を完全に見直しました。2016年には、政府からの支払いに利用する決済ゲートウェイや、最新の物品・サービス税(GST)の仕組みに対応したインフラを各支店向けに構築しました。

sign in or register to read more

Insight details

種類
レポート
内容
ケーススタディ
拠点
アジア
Subscription categories
銀行, コーポレートバンキング, リテールバンキング