バイサイドの投資リスク管理 Part 1: 戦略上の優先事項、リスクホットスポット、オペレーショナルアルファ

Celent will help qualify your requirements and introduce you to the vendor
Spotted a missing vendor? Use this form to alert a vendor to the Celent service
Create a vendor selection project & run comparison reports
Register to access this feature
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
Vendor requires PRO subscription to activate this feature
Requires research subscription, contact Celent for more info
15 November 2017
キュビラス・ディン

フィンテック、イノベーションやAIをめぐる熾烈な競争やハイプが繰り広げられるなか、資産運用会社はアルファを生み出すために次世代ITの活用手法を理解しなければなりません。

Key research questions

  • 資産運用業界が直面する圧力や課題とは?
  • ポートフォリオ管理とリスク管理の観点におけるリスクのホットスポットとは?
  • リスクや市場の競争環境を塗り替える構造的要因やディスラプションに対し、資産運用会社はいかに備えるべきか?

Abstract

デジタルテクノロジーは、アクティブ運用を手がける資産運用会社のアルファ創出を後押しし、パッシブ運用偏向の流れに歯止めをかけるきっかけになる可能性があります。

本レポートは、バイサイドを対象にした直近のセレントサーベイに基づいて、バイサイドにおける短期的・中期的な運用環境とリスク環境を展望するものです。また、そうした環境が、バイサイドの運用戦略やリスク管理、そしてテクノロジー戦略に及ぼす影響を明らかにし、運用会社がとるべき対応を提言します。

アクティブ運用マネージャーが低金利市場でリターンとアルファを追求するなか、バイサイドの金融機関はコンプライアンス対応や透明性への対応、市場の構造的な変化、デジタルテクノロジーの流入、そして変わり続ける投資家の投資嗜好やコストパフォーマンスへの理解への対応など、実に様々な圧力にさらされています。

市場は新たなハイプサイクルに突入しています。資産運用会社は、次世代の投資管理やリスク管理に取り組む機会に直面しています。バイサイドにとって規制関連コストの抑制は当然のことですが、今後数年間の大きな課題としては、ITコストの管理に加え、投資リターンにつながるオペレーショナルアルファの創出に向けた土台作りが挙げられるでしょう。

sign in or register to read more

Insight details

Special Interest
リスク
種類
レポート
内容
ベンチマーキング, 業界動向, テクノロジー動向
拠点
欧州/中東/アフリカ, 北米
Subscription categories
アセットマネジメント, フィナンシャルリスク, リスク&コンプライアンス, 証券, ウェルス&アセットマネジメント