ウェルスマネジメントへの会話型コマースの適用:スマートテクノジー活用をめぐる課題

Celent will help qualify your requirements and introduce you to the vendor
Spotted a missing vendor? Use this form to alert a vendor to the Celent service
Create a vendor selection project & run comparison reports
Register to access this feature
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
Vendor requires PRO subscription to activate this feature
Requires research subscription, contact Celent for more info
23 May 2017
ケリー・バーンズクレイグ・ビーティニコラス・ミシェロッド

Abstract


ウェルスマネジャーや銀行が新たなデジタルの顧客タッチポイントからメリットを得るためには、人工知能テクノロジーをいかに導入すればよいでしょうか。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 デジタル顧客タッチポイントはウェルスマネジャーにどのようなメリットをもたらすか?

2

マシン主導の顧客対応テクノロジーが抱える主な課題は?
3

ウェルスマネジャーのシステムにどのような影響を及ぼすか?

ウェルスマネジャーにとって、デジタルでの顧客タッチポイントはモバイル性、スピードおよび包括性を重視する顧客とのコミュニケーション手段です。ウェルスマネジャーはこうしたテクノロジーが販売、ポートフォリオ管理、顧客サービスにどのような影響を及ぼすのか見極めた上で、マイナス影響を最小化できるよう組織全体で適応していくべきでしょう。

また、オープン・モジュール型アーキテクチャに移行し、デジタルフロントエンドを利用しつつ、製品構成の強化とバックエンドコンポーネントの自動化を実現する必要があります。

「ウェルスマネジャーはまず既存のITインフラを評価し、新たなテクノロジーとの統合を進める上で欠けている機能を特定すべきでしょう。会話型コマースは急速な進歩を遂げており、認識エージェントはより人間に近づきつつあります。リテール銀行は最先端のチャットボットを導入し、ウェルスマネジメントの分野におけるユースケースを模索しています」とウェルスマネジメントプラクティスのアナリスト、ケリー・バーンズは述べています。

本レポートはウェルスマネジメントプラクティスのアナリスト、ケリー・バーンズ、保険プラクティスのシニア・アナリストであるクレイグ・ビーティーニコラス・ミシェロッドが共同執筆しました。

sign in or register to read more

Insight details

Special Interest
イノベーション/最新テクノロジー
種類
レポート
内容
業界動向, テクノロジー動向
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米
Subscription categories
証券, ウェルス&アセットマネジメント, ウェルスマネジメント