ウェルスマネジメントへの会話型コマースの適用:スマートテクノジー活用をめぐる課題

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2017/05/23
ケリー・バーンズとクレイグ・ビーティニコラス・ミシェロッド

Abstract


デジタルな顧客接点を活かすために、ウェルスマネージャーや銀行はAIをどう導入すればよいのでしょうか。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 デジタルな顧客顧客接点はウェルスマネージャーにどのようなメリットをもたらすか?

2

マシン主導の顧客対応が抱える課題とは?
3

ウェルスマネージャーのITに対する示唆とは?

デジタルな顧客接点とは、金融サービスにおけるモバイル対応やスピード感、そしてサービスと情報の網羅性を重視する顧客層との新たなコミュニケーション手段です。ウェルスマネージャーは、デジタルテクノロジーが、金融商品の販売や、ポートフォリオ管理、顧客サービスに与える影響を見極め、自社の事業に悪影響を及ぼさないよう適応していかなければなりません。

ウェルスマネージャーは、デジタルな顧客接点の活用や、金融商品のコンフィギュレーション能力とバックオフィス業務の自動化を組み合わせ、オープン・モジュール型アーキテクチャに移行しなければなりません。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

ログインして詳細を読む

Insight details

種類
レポート
内容
業界動向, イノベーション/最新テクノロジー, テクノロジー動向
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米