AIが見据えるキャピタルマーケッツ・サーベイランスの新時代

Celent will help qualify your requirements and introduce you to the vendor
Spotted a missing vendor? Use this form to alert a vendor to the Celent service
Create a vendor selection project & run comparison reports
Register to access this feature
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
Vendor requires PRO subscription to activate this feature
Requires research subscription, contact Celent for more info
23 November 2017
ブラッド・ベイリーアリン・レイ

ウォールストリートのサーベイランス(取引監視)の現状

Key research questions

  • 既存のサーベイランスアプローチが抱える問題点とは?
  • 最新テクノロジーはサーベイランスにどう役立つか?
  • サーベイランスの実務は今後どのように進化するか?

Abstract

規制強化に伴い、AIを活用したクロスアセット取引自動監視のニーズが世界全体で高まっています。本レポートは、サーベイランス業務の現状とテクノロジーのトレンドについて分析し、今後の予測を立てるものです。

セレントでは本レポートの執筆にあたり、バイサイドとセルサイドの金融機関や、市場インフラのプロバイダーに綿密なインタビューを行い、取引監視と行動監視に関する課題感や本件に関する投資戦略、そしてテクノロジーの導入計画を明らかにしました。

sign in or register to read more

Insight details

Special Interest
イノベーション/最新テクノロジー, リスク
種類
レポート
内容
業界動向, テクノロジー動向, ベンダー評価
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米
Subscription categories
キャピタルマーケッツ, オぺレーショナルリスク, リスク&コンプライアンス, 証券