AIが見据えるキャピタルマーケッツ・サーベイランスの新時代

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2017/11/22
ブラッド・ベイリーアリン・レイ

ウォールストリートのサーベイランス(取引監視)の現状

Key research questions

  • 既存のサーベイランスアプローチが抱える問題点とは?
  • 最新テクノロジーはサーベイランスにどう役立つか?
  • サーベイランスの実務は今後どのように進化するか?

Abstract

規制強化に伴い、AIを活用したクロスアセット取引自動監視のニーズが世界全体で高まっています。本レポートは、サーベイランス業務の現状とテクノロジーのトレンドについて分析し、今後の予測を立てるものです。

セレントでは本レポートの執筆にあたり、バイサイドとセルサイドの金融機関や、市場インフラのプロバイダーに綿密なインタビューを行い、取引監視と行動監視に関する課題感や本件に関する投資戦略、そしてテクノロジーの導入計画を明らかにしました。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

ログインして詳細を読む

Insight details

種類
レポート
内容
Artificial Intelligence (AI), Digital, 業界動向, イノベーション/最新テクノロジー, リスク, テクノロジー動向, ベンダー評価
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米