クラウドベースの保険基幹系システムにおけるセキュリティ

Celent will help qualify your requirements and introduce you to the vendor
Spotted a missing vendor? Use this form to alert a vendor to the Celent service
Create a vendor selection project & run comparison reports
Register to access this feature
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
Vendor requires PRO subscription to activate this feature
Requires research subscription, contact Celent for more info
27 November 2017
ドナルド・ライト

Key research questions

  • クラウドベースの基幹系システムを利用する際に、保険会社が留意すべきセキュリティ事項とは?
  • どのようなセキュリティツールや機能が存在しているか?
  • クラウドのプロバイダー、基幹系システムのベンダー、そして保険会社が担うべきセキュリティ関連の責任範囲とは?

Abstract

適切な対応ができれば、セキュリティは、クラウドベースの基幹系システムの障壁ではありません。

基幹系システムのクラウド移行を検討する保険会社が増えていますが、注目はデータとアプリケーションの安全性です。本レポートでは、主要なクラウドプロバイダーがセキュリティリスクにどのように取り組んでいるかを検証します。

クラウドベースの基幹系システムにおいて、考慮すべきセキュリティ事項は主に4つあります。アプリケーションリスク、データリスク、知的財産リスク、そして物理的なリスクです。

クラウドベースの基幹系システムには、2つのモデルがあります。

  1. 保険会社がベンダーから基幹系システムのライセンスを購入し、保険会社またはインテグレーションパートナーがクラウド上でシステムをデプロイする
  2. ベンダーがクラウド上で基幹系システムをデプロイし、サブスクリプションベースで保険会社へ提供する

インフラやプラットフォームにおけるクラウド要素のセキュリティを確保すべく、主要なクラウドプロバイダーは様々なサービスやツールを開発しています。こうしたツールの対応範囲や対応度合いは、オンプレミスで基幹系システムを運用している保険会社のものと比較しても差異がないどころか、多くの場合はクラウドの方が優れています。

sign in or register to read more

Insight details

種類
レポート
内容
テクノロジー動向
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米
Subscription categories
保険, 生命保険, 損害保険