金融サービスにおける量子コンピューティング

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2019/11/25
クレイグ・ビーティ

破綻をもたらすのか、破綻をもたらすという誤った通説か?

Key research questions

  • Why is quantum computing creating such excitement in the financial services?
  • Where are we in terms of real-life applications for and how might use cases evolve for the future?
  • What’s the catch?

Abstract

量子コンピューティングは、二つの全く異なる理由により最近話題となっている。

  • 主要ITプレイヤーによる大量のマーケティング活動および頻繁なメディア報道
  • 量子コンピューティングは、デジタル取引から、eメール、デジタル署名までを含むすべてを危険に晒す可能性があること

量子コンピューティングは、過去のアナログ/ デジタルアプローチとは異なる、情報の保存・検索の新しい方法を提供する。量子コンピューティングの支持者の多くは、それにより、より迅速で、現在は利用できない新しいアルゴリズムが可能な新しいコンピューターをもたらすと考えている。評論家の中には、新しい量子コンピューターのコストを指摘し、このテクノロジーの実際の革新性を疑問視しているものもいる。

(詳しい情報は、セレント北川俊来TKitagawa@celent.comまでお問合せください。)

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

ログインして詳細を読む

Insight details

Insight Format
Reports
Geographic Focus
Asia-Pacific, EMEA, LATAM, North America