マーケットデータ 2.0: デジタル時代のオルタナティブデータ - 業界動向、プレーヤー、テクノロジーの分析

Celent will help qualify your requirements and introduce you to the vendor
Spotted a missing vendor? Use this form to alert a vendor to the Celent service
Create a vendor selection project & run comparison reports
Register to access this feature
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
Vendor requires PRO subscription to activate this feature
Requires research subscription, contact Celent for more info
19 September 2017
ブラッド・ベイリー

今日、人とマシンの間で行われる全てのやり取りは、トレーダーや投資家の関心事となるデータを生み出しています。

Key research questions

  • 既存の市場データソースおよびインフラの枠組みに、いかにして「オルタナティブデータ(Alt-Data)」を当てはめるか?
  • 入手可能なオルタナティブデータにはどのようなタイプがあるか?
  • 市場取引参加者が利用しているソリューションとは?

Abstract

投資家やトレーダーたちが生成・利用するデータには重要な変化がおきており、本レポートはこの変化について取り上げます。

レポートでは、購買データやモバイル、人工衛星、IoTなどによって生成される最新のデータセット(オルタナティブデータ、Alt-Data)に焦点を当て、抜け目のない投資家やトレーダーがいかに独自の投資機会を生み出しているかを明らかにします。

具体的には、進化を続けるエコシステムとオルタナティブデータの種類を紹介するほか、今日のキャピタルマーケッツにおける最重要テーマの1つにあたる本件を駆使するためのインフラ構築に向け、トレーダーやポートフォリオマネージャーが取るべき道筋を示します。

また、レポートでは、多くの金融機関にとって「データ自体が最も価値のあるコンポーネントになってゆく」という考え方についても探求します。

オルタナティブデータのプロバイダー、ヘッジファンドのトレーダー、データサイエンティスト、ポートフォリオマネージャー、フィンテック企業のほか、事業活動の中で得られた副産物的なデータ(exhaust data)を利用した商品の開発を目指す企業との議論を踏まえ、今後はデータの準備や保管、処理、利用および外部への販売の重要性が増すと述べています。

sign in or register to read more

Insight details

Special Interest
イノベーション/最新テクノロジー
種類
レポート
内容
業界動向, テクノロジー動向
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米
Subscription categories
キャピタルマーケッツ, マーケッツ&トレーディング, 証券