ブレイクダウンからブレイクスルーへ: コミュニケーション管理の活性化

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2019/10/25
ニール・シーハン

Key research questions

  • CCMの現状は?その進化とは?
  • CCMソリューションは顧客エンゲージメントにどのように取り組むか?
  • CCMソリューションはウェルスマネジメントのニーズにどのように取り組むか?

Abstract

ウェルスマネージャは彼らが提供する顧客エクスペリエンスを向上する新しい方法を学びたがっている。なぜなら企業は、顧客の金融以外のデジタルエクスペリエンスから相当なプレッシャーを感じているからだ。このことは、ウェルスマネジメント企業は最高クラスのデジタルエクスペリエンスを提供するだけでなく、最新トレンドに順応し続け、顧客が関心を持ち続けるようにする必要があるということを意味している。

CCMはテクノロジーを利用して、オーダーメードのコミュニケーションを提供し、業務上の課題を解決し、それによってフロントオフィスの収益およびバックオフィスの効率を向上する。顧客エクスペリエンスの向上は、より高い顧客定着率や、クロスセル・アップセルの機会につながり、業務効率の向上はコストのかかるリソースの効果的な配置ができるようにする。戦略を立てる際には、CCMソリューションのコネクティビティとインテグレーションのケイパビリティが非常に重要である。なぜならCCMソリューションは企業に莫大な増分収益をもたらすが、それだけでコミュニケーションを提供する万能の解決策ではないからだ。

(詳しい情報は、北川俊来TKitagawa@celent.comまでお問合せください。)

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米