セレントのデジタルサービス:VendorMatchのすすめ

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
23 February 2020
Eiichiro Yanagawa

セレントのVendorMatchをご存じですか? VendorMatchは、金融テクノロジー市場に製品・サービスを投入しているソリューションベンダーを見つける際にお役に立ちます。

VendorMatchは200を超える様々なタイプのソリューションをカバーしており、金融テクノロジー市場において流通しているベンダーソリューションを検索し、ロングリストを作成する際に有効なデータソースです。セレントは、世界中のベンダーに対してVendorMatchプラットフォームへの参加を継続的に働きかけており、現時点で1,200を超えるベンダーの製品を掲載しています。

VendorMatchの仕組み

VendorMatchは、VendorMatch DiscoveryとRFXという2つのコアモジュールで構成されています。

VendorMatch Discoveryは、ベンダーソリューションのレポジトリを提供しているリサーチプラットフォームです。調達プラットフォームではないので、VendorMatch上でソリューション製品を購入することはできませんが、ITサービスやソリューションを検索・評価するために必要なデータとツールを提供しています。ベンダーは自社ソリューションを無料で掲載することができ、ユーザーはベンダー、製品名またはソリューションタイプによって検索をすることができます。現時点では全てのベンダーを網羅しているわけではありませんが、その数は日々増え続けています。

VendorMatch Discoveryのユーザーは、金融テクノロジー市場のソリューションを詳しく調べ、要件パラメータ(フィルター)に合致するソリューションを特定し、候補となるサプライヤーやソリューションのロングリストを効率的に作成することができます。ユーザーはベンダーや製品のプロファイル情報を閲覧できるほか、有償メニューでは、各ソリューションの概要(会社概要/ 基本データ、ソリューション概要/ 機能詳細など)をまとめたPDFレポートを作成したり、ハイレベルな比較グリッドをダウンロードしてエクセル表でサプライヤーを比較することもできます。こうした作業により、サプライヤーやソリューションの最初の評価を行い、候補リストを絞り込むことができます。Project Managerツールにより、プロセス全体が一元管理され、候補に挙がったベンダーのリスト作成から、リサーチおよびショートリスト作成、最終選考に至るまでのプロジェクトの追跡・報告も可能となります(有償メニュー)。利用方法の説明は「User's Tutorial」(PDFファイル)をご覧下さい。

VendorMatch RFXとは?

セレントは、Xcelent ABCDベンダーレポートをはじめとして、金融テクノロジー市場のソリューションについて毎年詳しい調査を行っています。VendorMatch RFX導入以前は、セレントはベンダー各社にソリューションの技術的な特徴、業務機能、導入支援サービス、導入実績などの質問が記載された「情報提供依頼書」(RFI, Request for Information)を送付し詳細な回答を依頼していました。

VendorMatch RFXの導入により、このプロセスをオンライン上で行えるようになりました。

VendorMatch RFXは、入力済みのRFIのライブラリで、現時点で25を超えるベンダーがRFXによるソリューション調査に回答しています。ベンダーは、VendorMatchプラットフォーム上にRFI調査の回答のマスターデータを保管し、いつでもアップデートすることができます。RFX調査ツールを開発したセレントのアナリストチームには、当該ソリューション分野の第一人者が集結しています。RFX調査は、厳格なソリューション選定プロセスの要件を十分に満たし、セレントのソリューション選定プロジェクトにおける豊富な経験に基づいています。

2020年後半には、VendorMatchの登録ユーザーである金融機関(またはそのアドバイザー)はRFX Reportsへのアクセスを依頼できるようになり、ベンダーはセレントが管理する開示プロセスを使ってそのアクセスを承認するかしないかケースバイケースで判断可能となります。アクセスが承認されれば、ソリューション導入を検討している金融機関は調達プロセスの一環にRFXを組み入れることができます。もちろん、ベンダーは他社ベンダーのデータにはアクセスできません。

何よりVendorMatch RFXの最大のメリットは、セレントのアナリストが、ベンダー、ベンダーソリューション、VendorMatchについて、その活用の相談に応じることです。金融テクノロジーのマーケットプレイス:セレントのデジタルサービスVendorMatchの利用をご検討下さい。

VendorMatchの詳しい情報は、セレント 北川俊来TKitagawa@celent.comまでお問合せ下さい。

Insight details

Insight Format
Blogs
Geographic Focus
Asia-Pacific