一般データ保護規制(GDPR)が保険会社に及ぼす影響

Celent will help qualify your requirements and introduce you to the vendor
Spotted a missing vendor? Use this form to alert a vendor to the Celent service
Create a vendor selection project & run comparison reports
Register to access this feature
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
Vendor requires PRO subscription to activate this feature
Requires research subscription, contact Celent for more info
17 June 2017
ニコラス・ミシェロッド

GDPRは全EU市民の個人データの保護と権限の強化を定めたもので、保険会社は個人データの保護に向けたアプローチの見直しを迫られています。

Key research questions

  • GDPRとは何か?
  • GDPRは欧州の保険会社に主にどのような影響を及ぼすか?
  • 欧州の保険会社がGDPRに準拠するためには何をすべきか?

Abstract

一般データ保護規制(GDPR)は欧州全域のデータ保護規制の調和を図るもので、全EU市民の個人データの保護と権限強化を定め、欧州全域の企業に個人データの保護に向けたアプローチの見直しを迫るものです。同規制は2018年5月に施行される予定です。

大部分の保険会社がソーシャルネットワークやその他のオンラインデータソースで公開されている消費者の個人データを利用するにあたっては、規制―より正確に言えば個人データ保護規制(解釈、変更、不明瞭性)―が最大の懸念材料となっています。

sign in or register to read more

Insight details

種類
レポート, オンラインセミナー
拠点
欧州/中東/アフリカ
Subscription categories
保険, 生命保険, 損害保険