セレント イノベーションフォーラム「デジタル金融サービスへの取り組み」を振り返って(その1)

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
11 November 2014
Eiichiro Yanagawa

セレントは、2月の「ラウンドテーブル:Making Innovation Happen」、6月の「イノベーション&インサイト・デー」に引き続き、10月17日、「イノベーションフォーラム」を開催した。

本稿では、本イベントの要諦を2回に分けて報告する。

基調講演①「世界のバンキングのイノベーション最新動向」

消費者の経験や期待、経済状況の悪化や好転、規制と競争環境の激変といった外圧が、既存の圧力(収益拡大、コスト削減)を増幅し、取り巻くエコシステムの変化を促している現況を背景に、「銀行業界、金融業界は、チャネルやアーキテクチャの変化、そしてイノベーションを通じて、ビジネスモデルを修正する必要がある」とのキー・メッセージを発信した。

セレントの提唱するデジタル&オムニチャネルのフレームワーク、バンキングテクノロジーを巡る3つのテーマ

①デジタル&オムニチャネル

②イノベーション&エマージングテクノロジー

③レガシー&エコシステムマイグレーション

に従って、グローバルな事例を紹介した。Apple Payやビットコインなど最新テクノロジーの動向にも触れた上で、セレントの考えるクリエイティブ・ディスラプション(創造的で、破壊的な影響力を持つ変革)の枠組みを用いたイノベーションの重要性を説いた。

図 1 デジタル / オムニチャネルのフレームワーク

FIG1

出典:セレント

基調講演②「日本の金融業界におけるデジタル&オムニチャネルバンキングの取り組み」

日本の金融サービス業界がイノベーションに向けて現在どのような取り組みを行っているか、以下の4つの枠組みで俯瞰した。

① 現金、クレジットカード、デビットカードと言った、トラディショナルな決済手段

② 電子マネーとプリペイドカードに代表される、第二世代の決済手段

③ 隆盛を極める、電子商取引に付随した決済サービス

④ 以上3区分を横断するオムニチャネルサポート

その中で共通する事項として浮かびあがったのは、「デジタル技術の普及と活用、エコシステムの形成とオープンイノベーションの進展が、イノベーションの成功の鍵を握る」という点であった。

中でも、速やかに、躊躇なく取り組むべきポイントとして以下の5つを挙げた。

①カード決済情報のマルチビューとコントロール

②カード決済サービスを活用した付加価値提供

③リアルタイム取引アラート

④取引実績データのアナリティクスに基づくアドバイザリーサービス

⑤ソシャルメディアとのインテグレーション

図 2 日本のリテールペイメント市場における主要決済手段の区分

FIG2

出典:セレント

Insight details

Content Type
Blogs
Location
Asia-Pacific