Celent Model Insurer Awards

Awards

Celent Model Insurer Awards

Overview

Celent Model Insurerは、保険会社を対象としたアワードで、保険業務におけるテクノロジー活用のベストプラクティスを表彰するものです。2018年で12年目を迎えます。

Model Insurer Awards 2018は現在募集中(締め切り11月30日)です。ご応募はこちらか、もしくは画面右手のリンクをご参照ください。受賞金融機関には1月下旬から2月初旬にかけて審査結果を通知し、一般向けには2018年春に発表します。

2018年は、次の5つのカテゴリーにおける先進事例や成功事例を募集します: Data, Analytics and AIDigital and Omnichannel TechnologiesInnovation and Emerging TechnologiesLegacy and Ecosystem TransformationOperational Excellence

昨年までと違い、今年はModel Insurer Awardsとアジア保険会社限定のModel Insurer Asia Awardsを統合し、一つのプログラムとします。アジアの保険会社もこちらのアワードにご参加ください。

皆様のご応募をお待ち申し上げております。

Nomination categories

Data, Analytics and AI

データは今や、利益率の高いニッチ層の発掘や、リスク管理、サービスの向上などに役立つ、競争力の源泉となりました。新たな外部データソースや各種端末からのデータ収集、そして新たなデータ解析手法などを通じ、保険会社の可能性は足早に拡大しています。本カテゴリーでは、下記のような取り組みを表彰します。

  • Predictive analytics (claims fraud, underwriting, pricing, climate analysis)
  • Prescriptive analytics (triage, sales automation, “next best action”)
  • Virtualization (dashboards and heat maps, catastrophe management, network analysis, geopolitical risk analysis)
  • Innovative functionality enhancements for consumer digital platforms (e.g. mobile apps, online).
  • Artificial intelligence techniques used to achieve the next level of benefits (in underwriting, claims processing, fraud identification, propensity modelling)
Digital and Omnichannel Technologies

デジタルトランスフォーメーションを通じ、以前は人間同士のやりとりだったものが、今や人間とマシンとのやりとり、またはマシン同士のやりとりに姿を変えています。変わりゆく顧客ニーズを応えるために、縦割りだった販売チャネルは統合の一途を辿るでしょう。デジタルとは、複雑な処理を自動化し、その過程でさらなる習熟を重ね、そして手にした知見を新たな投資なく再利用できるものと捉えつつ、本カテゴリーでは次のような取り組みを表彰します。

  • Online customer portals
  • The industrialization of processes
  • Development of engaging user interfaces
  • Online sales with STP
  • Integration with business partners
  • The leveraging of social networks
  • The use of mobile technology.
Innovation and Emerging Technologies

セレントは、イノベーションを「商品やサービス、ビジネスモデルの本質的な改革であり、これまでは不可避だったトレードオフの壁を打ち破り、顧客に価値を届けるもの」と考えています。新たなハードウェア、ソフトウェア、そしてネットワークテクノロジーは保険に新たなイノベーションをもたらします。本カテゴリーでは次のような取り組みを表彰します。

  • The expansion into previously untapped markets due to technology
  • The use of technologies not previously used in the insurance industry
  • The development of an innovation culture within an IT organization.

本カテゴリーは、InsurTechの取り組みも対象とします。既存のビジネスモデルや業界構造、エコシステムの本質的に変革を目標とした、最新テクノロジーの活用や、新たな事業運営モデルを対象とします。

Legacy and Ecosystem Transformation

レガシーテクノロジーは、保険会社のイノベーションを阻害しかねません。一般的に、保険会社は上位互換性だけでなく下位互換性も求められるためです。保険会社はシステムを現代化するだけでなく、社内業務のあり方や、顧客や社外の関係各社、そして規制当局とのやりとりのあり方も見直さねばなりません。本カテゴリーでは、基幹系システムの入れ替えや刷新に関するプロジェクトとして、下記のような取り組みを対象とします。

  • Policy administration
  • Document management
  • Customer relationship management
  • New business
  • Illustrations
  • Billing
  • Claims
  • Rating/underwriting
Operational Excellence

テクノロジーへの投資効果とITプロセスの向上を確保するために必要なものは何でしょうか?本カテゴリーは次のような取り組みを対象とします。

  • The successful reuse of technology for new initiatives
  • Implementation of a non-core system such as illustrations
  • Document automation
  • Electronic applications
  • Best practices in IT governance
  • IT operational management
  • IT risk management

Security policies. Achieving operational excellence, requires transforming processes and systems into competitive advantages by making them leaner, faster, more flexible and of higher quality.