シニア・アナリスト
London, United Kingdom

Biography

ジルビナス・バレイシスはバンキングプラクティスのシニア・アナリストで、ロンドンを拠点としています。ペイメント、特にカード、プロセッシング、最新のペイメント手段を専門分野としています。

14年に渡る、欧州、米国、中東、ロシア、オーストラリア、アジアにおける大手グローバル銀行、保険会社、その他の金融機関に対する、経営コンサルティングの経験を有しています。戦略策定から業務改善プロジェクトまで、幅広いテーマで、経営幹部に助言を行ってきました。セレント入社以前にはオリバーワイマンFinancial Services にてプリンシパルを務め、また、Diamond Management and Technology Consultants やCambridge Technology Partnersに在籍していました。

カーネギーメロン大学にてMBA、Kaunas University of Technology にて応用数学の理学修士号を取得しています。英語、リトアニア語、ロシア語に堪能です。

Latest reports

  • 2017/12/01
    コンセント&コントロール・センターを導入することで、銀行は顧客との信頼関係を強化し、信頼と公正な取引といったコンセプトに則した、顧客エンゲージメントの基盤を構築できます。 銀行は、コンセント&コントロールセンター(CCC)を通じて、顧客に自身のデータをセルフサービスで管理できるようにすべき…
  • 2017/12/01
    Turning customer consent into an asset for banks. Managing customer consent for data usage and data sharing is rapidly becoming a critical skill…
  • 2017/09/24
    本レポートは、銀行や企業によるブロックチェーンと仮想通貨の導入状況を調査し、次に分散型台帳技術が銀行ビジネスや商取引上の不正・金融犯罪に対して及ぼす影響について検証します。そして最後に、機械学習や行動解析といった最新の不正管理ツールの重要性について考察します。
  • 2017/07/05
    本レポートは「カードを使わないATMでの出金(カードレスキャッシング):貴行にとっての正解は?」とペアとなるレポートで、銀行プラクティスのシニアアナリスト、ジルビナス・バレイシスが執筆しました。取り上げた銀行: バンク・オブ・アメリカ DenizBank ICICI ロイヤル・バ…